« 立川 ecute | トップページ | DS版 ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち »

2007/11/24

「バイオハザードⅢ」

本日の映画
バイオハザードIII (角川ホラー文庫 (H519-2))
movie-74 「バイオハザードⅢ」 Resident Evil:Extinction 2007年米
DIR:ラッセル・マルケイ
CAST:ミラ・ジョヴォヴィッチ、オデッド・フェール、アリ・ラーター、イアン・グレン、アシャンティ、マイク・エップス
STORY:ラクーンシティの闘いから数年後、Tウィルスの蔓延で世界は砂漠化、アンデッドだらけとなっていた。アンブレラ社ではアリスのクローン実験がくり返し行われていたが、独り旅を続けていたアリスは、離ればなれになっていたカルロスたちと再会、感染の及んでいないと言われるアラスカをめざすべく、燃料や食料の確保のためベガスへと向かうが・・・

☆☆☆バイオハザードシリーズ第3弾。

映画はアンブレラ社の研究所の中で、アリスが目覚めるところからはじまり、あのレーザートラップの部屋も出てきて(Ⅰで見たとき、この場面ダメだった。ぎゃー)、これは1作目への回帰か?と思いきや・・・
場面はいきなり砂漠へ。

登場したアリスは二丁拳銃、ロングコート。なんだか、西部劇(伝統的なのでなくて新しい)のよう。
そして、砂漠をさまよう車の軍団は、なんだか「マッドマックス」シリーズのよう。
凶暴化したカラス集団に襲われるところは、なんだか「鳥」のようであり、ベガスに到着したところでは、「猿の惑星」を連想。

という具合になんかある意味懐かしい映像だったのだが、グロい場面はますます増えて、時々目をつぶりたくなる(←じゃあ見るなと言われそうですが(笑))。ミラ扮するアリスはⅡよりさらにパワーアップし、強い強い。アクションもキレがよく、二丁拳銃というか二丁ナイフ?で敵を次々倒していく姿、すごい(ただし、気持ちはよくない)。

Ⅱから引き続いて登場したキャラもいるが、うーんちょっと残念だな。爆発シーンで泣きました。
かわって活躍するのは、武装集団のリーダー、クレアやKマートといった女性達。途中で退場してしまうのでどうなったか気になるが、また登場しても不思議ではない。

最後はまたアンブレラ社の研究所に戻り、アリスと強力な敵の対決となるのだが、えー、あのモンスターはなんなんでしょう?ゲームにもああいうキャラがあるんでしょうか。ちょっと笑っちゃいました。闘いの結末はよかったけど(でも、苦手な場面)。

総じて、悪くはなかったけれど、研究所の場面と砂漠の場面のつながりがどうもうまくないのが残念。砂漠での撮影は安上がりだったんでしょうかねぇ。

そして、映画のコピーはあれ、ダメでしょう。エンドクレジットで日本語のイメージソングが入るのも興ざめ。

映画のコピーを見て、てっきりこの3作目で終わりと思っていたけど、これだとさらに次がありそうな・・・次の舞台は日本とアラスカ??

« 立川 ecute | トップページ | DS版 ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。あの曲にはオイもガッカリでした。やっぱオリジナルを聞きたいですよね。いろいろ批評はありますがオイは、このシリーズ大好きですね。続きがあるんだったらやっぱ観たいです。

しぽさん、こんばんは。
最後でがっくりしちゃいました。あの曲が聴きたいといって映画を観る人っていないと思うのですが・・・
私も、次ができたら観ますよ~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/17174427

この記事へのトラックバック一覧です: 「バイオハザードⅢ」:

« 立川 ecute | トップページ | DS版 ドラゴンクエストⅣ 導かれし者たち »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon