« スワロフスキー 子ネコ2 | トップページ | サッポロ ドラフトワン スパークリングアロマ »

2007/12/10

「ゴーストライダー」

本日の映画
ゴーストライダーTM デラックス・コレクターズ・エディション エクステンデッド版(2枚組)
movie-77 「ゴーストライダー」 Ghost Rider 2007年米

DIR:マーク・スティーヴン・ジョンソン
CAST:ニコラス・ケイジ、エヴァ・メンデス、ウェス・ベントリー、サム・エリオット、ピーター・フォンダ
STORY:天才ライダーのジョニーは17歳の時、父親の命を救うため悪魔メフィストに魂を売ってしまった。30歳になった今、ジョニーは、メフィストに魔界の反逆者ブラックハートを捕らえるよう命じられ、夜になるとゴーストライダーに変身するのだった。

☆☆☆マーベル・コミックの人気キャラクターを映画化したもの・・・らしい。
アメコミヒーローものの映画はたくさんあるが、ダークヒーローであることが多い。この映画もまたしかり。

病気の父親を助けようと、悪魔に魂を売り渡したものの、結局父親は事故で死に、恋人も捨てて放浪の旅へ・・・
そして13年あまりがたち・・・というところで???主人公ジョニーがあんなさわやかなハンサム青年だったのに、13年たつとニコラス・ケイジ??はじめ、違う人物かと思ってしまいましたね。あまりに違いすぎる・・・恋人が成長してE・メンデスになったのは、似てるしわかったのだけど、なぜN・ケイジなんなんだ?いえ、決してワタクシN・ケイジがキライなわけじゃないのだけどイメージがねぇ。

というのにも見ているうちに次第に慣れて、確かにニコラスは顔がそのままでも骸骨っぽいので(笑)、ゴーストライダーへの変身が違和感ないなあと納得。変身場面はなぜか笑ってしまったけど。

ゴーストライダーが走っていくところは格好良かったけれど(道路の修理が大変です)、もっと良かったのは、S・エリオットが馬に乗って走るところ。期待どおり馬に乗ってくれてうれしい。P・フォンダが出ていたのもよかったけれど、こちらは期待に反してバイクには乗ってくれなかった。うーん、残念。

E・メンデスは最近売り出し中のようだが、この映画では添え物の域を出ず、あまり見せ場がないのが残念(なかなかこないジョニーを待ってぐいぐいワインを飲む場面はおもしろかったが)。

ところで・・・
N・ケイジのあの髪、ヅラですか?(笑)

« スワロフスキー 子ネコ2 | トップページ | サッポロ ドラフトワン スパークリングアロマ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー
アメコミが原作とはいえ、他のアメコミ作品に比べて一番マンガチックな作品ではないでしょうか?
お金は掛かってるんでしょうけど作りが完全にB級作品というか脚本があまりにダメですね。

確かにあの青年が成長してニコラス・ケイジになったのは悪い冗談ですね(笑)

こんばんは!
そうなんです、なぜN・ケイジなんだって思いました。というか、N・ケイジなんでこの作品に出たんだろうと。
おもしろくないわけじゃないんですけど、ちょっと期待ハズレでした。残念。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/17333552

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴーストライダー」:

» 映画「ゴーストライダー」 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Ghost Rider アメリカンなマーベル・コミックスの映画化だけに、いたるところに漫画チックなところがあるけど悪魔だろうと善人だろうと、そんなことどうでもいい痛快さがある バイクスタントライダーのジョニー・ブレイズ(ニコラス・ケイジ)は父親が癌で余命幾... [続きを読む]

« スワロフスキー 子ネコ2 | トップページ | サッポロ ドラフトワン スパークリングアロマ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon