« ピエール・ラニエ スノーボードペンギン | トップページ | サッポロ ビアファイン »

2008/03/04

第80回アカデミー賞授賞式を見て

例年と同様、実家にアカデミー賞授賞式を録画してもらい(うちはWOWOWは見られないので)、2日間にわけて見た。1日目は助演女優賞まで、2日目はそれ以降。

司会は2度目となるジョン・スチュワート。前回よりもパワーアップ?毒のある危ないギャグが増えていたような・・・個人的にはあまり好きじゃないんですけど。結構会場にはうけてましたが・・・

衣裳、美術などの賞が終わったあと、ようやく助演男優賞。本命のハビエル・バルデムが受賞。「ノー・カントリー」では不気味な役だったけれど、意外とハンサム!他の作品も見てみなくては。
一緒に来ていたお母さんに向けてのスペイン語のスピーチがよかった。

そして、助演女優賞は、意外や意外、ティルダ・スウィントンへ。いつものニコリともしない表情で壇上へ。と思ったら、やっぱりかなりの感激ぶりだったようで。うまい役者さんなので、これからもっともっとアメリカ映画の脇に使われそうだ。

脚色賞はジョエル&イーサン・コーエンは。オリジナル脚本にこだわっていたコーエン兄弟が原作のある映画を撮るとは・・・まあ、でもこの題材はコーエン兄弟らしいといえましょう。

主演女優賞は、なんとマリオン・コティヤールへ。絶対、ジュリー・クリスティーだと思っていたのだが・・・
あ、でもこのばけっぷりはすごいですね。実在の人物を演じるとオスカー当選確率が高いのでしょうか。
感激ぶりがすごくて、涙ぐみながらのスピーチ感動的でした。

脚本賞は、「ジュノ」のディアブロ・コディ。ストリッパー出身という異色の経歴だそうで、こういう受賞があるのがまたいいですね。

2007年亡くなった映画関係者で、思い出されるのは、ベルイマン監督、アントニオーニ監督、デボラ・カーあたりだろうか。昨年ではなくつい最近ヒース・レジャーの映像もありましたっけ。

主演男優賞は、ダニエル・デイ・ルイス。いやはや、この人のなりきりぶりはまたすごい。素顔はシャイで物静かな感じだけれど、スクリーン上では激しいオーラが・・・もっともっと映画にでて欲しい人だ。

監督賞は、コーエン兄弟。ジョエルの奥さん、フランセス・マクドーマンドもうれしそうだ。アカデミー賞とは縁がなさそうだったコーエン兄弟が賞をとるとは、ハリウッドもなかなかやるね。

そして、作品賞はこの流れどおり、「ノー・カントリー」へ。うー、早く観たい!

どちらかというと通受けする作品、そして役者たちで、それ自体はいいことだと思うのだけど、地味めだなあと思ったら、やっぱり視聴率は悪かったそうで。とびきりのスターが受賞でもすれば盛り上がったんでしょうけどね。直前までストでないんじゃないかという懸念もあったせいか、静かに終わったオスカー授賞式でした。

来年までさようなら!!

« ピエール・ラニエ スノーボードペンギン | トップページ | サッポロ ビアファイン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/40375029

この記事へのトラックバック一覧です: 第80回アカデミー賞授賞式を見て:

« ピエール・ラニエ スノーボードペンギン | トップページ | サッポロ ビアファイン »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon