« サントリー ゼロナマ | トップページ | サントリー ジョッキ生(ビッグ飲み口) »

2008/03/09

「シークレット ウィンドウ」

本日の映画
シークレット・ウインドウ コレクターズ・エディション
movie-13 「シークレット ウィンドウ」 Secret Window 2004年米
DIR:デヴィッド・コープ
CAST:ジョニー・デップ、ジョン・タトゥーロ、マリア・ベロ、ティモシー・ハットン、チャールズ・ダットン、レン・キャリオー
STORY:湖畔の別荘で執筆中のベストセラー作家レイニーのもとに、ジョン・シューターと名乗る男が訪ねてくる。彼は、レイニーが自分の小説を盗作したと言い、執拗につきまとうように。やがてレイニーの飼い犬が殺され、離婚協議中の妻の住む家が放火され・・・

☆☆☆スティーブン・キング原作小説の映画化。
キング原作と聞いてちょっと不安だった。最近キング原作のホラー映画にはあまり成功したものがなかったので・・・

見始めてわりとすぐにこれはあれか?と気づいてしまったのだが、これはいろいろ観ているせいですね。そして、思ったとおりのオチ。うーん、苦しいなあ。小説だとこのオチはいいのだろうけど、映像化するのは微妙ですね。悪くすると反則技になってしまうので。

それでも、ジョニデの繊細な演技は見ごたえあるし、J・タトゥーロも不気味で、最後まで一応飽きずに見られる。J・タトゥーロが演じるシューターという男の意味、これはなるほどと思った。オチより感心したかも(笑)。
ラストは後味はあまりよろしくなくて、ワタクシ的にはこういう結末じゃなかった方がよかったなあ。

昔はファンだった、T・ハットンがこんな役なのが悲しい。そういえば、キング原作のT・ハットン主演映画「ダーク・ハーフ」はみてないな。今度見よう。

いやしかし、こういう映画は感想が書きにくいですね(苦笑)。


« サントリー ゼロナマ | トップページ | サントリー ジョッキ生(ビッグ飲み口) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。この前、テレビに入った時に観ました。そうですね、前半にオチが分かっちゃいましたよね。でも確認する意味で一応最後まで観ました。多いですよね、この手のオチ。

こんばんは。
素直にオチにびっくりできればよかったんですけど(笑)、映画ズレしているので(!?)すぐにわかってしまいました。でも、どう物語を落ち着かせるかを楽しみに見ました。
結果、このラストは私にとっては微妙でした(笑)。おもしろくなかったというわけじゃないですけどね。

こんばんはー
キング作品の映画化は本当に微妙なのが多いですね(笑)実は「シャイニング」「キャリー」をはじめ結構良い作品も多いんですけど、キングのネームバリューがありすぎるのか?ハズレの作品がどうしても目立ってしまう感は否めないです。

私がキングにはまるキッカケになった「霧」が映画化されて、昨年アメリカで公開されているので早く日本公開しないかなぁ~と心待ちにしております。

こんばんは。
「ミスト」ですね。もうすぐ公開ですか?
私は、キングというと前も書きましたが、ホラーじゃない作品の映画の方がむしろ好きなんですよ。「ショーシャンクの空に」、「グリーンマイル」、「スタンド・バイ・ミー」。あとは、「黙秘」とか「ミザリー」とか「デッドゾーン」とか。
あまりいいファンとは言えないかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/40443770

この記事へのトラックバック一覧です: 「シークレット ウィンドウ」:

» 映画『シークレット ウインドウ』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:Secret Window 家具をどかすと、そこには秘密の小窓が、女が云う・・この窓の下に花を植えよう、男はそれを聞いている。植えられたのはトウモロコシだった・・。 湯気のでているトウモロコシを一本抜いて食べる・・雨の降りしきるなかモート・レイニー(ジョニー・デップ)... [続きを読む]

« サントリー ゼロナマ | トップページ | サントリー ジョッキ生(ビッグ飲み口) »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon