« 沖縄旅行3日目 | トップページ | 第44回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会 »

2009/01/10

「犬神家の一族」

本日の映画
犬神家の一族 完全版 2006&1976 【初回限定生産3枚組】 [DVD]
movie-1 「犬神家の一族」 2006年日

DIR:市川崑
CAST:石坂浩二、松嶋菜々子、尾上菊之助、富司純子、松坂慶子、萬田久子、葛山信吾、池内万作、石倉三郎、尾藤イサオ、三條美紀、深田恭子、奥菜恵、岸部一徳、大滝秀治、草笛光子、中村玉緒、加藤武、仲村敦夫、仲代達矢
STORY:犬神財閥の当主、左兵衛が亡くなった。3人の娘、松子、竹子、梅子、そしてそれぞれの息子佐清、佐武、佐智、恩人の孫娘珠世が見守る中公開された遺言状は驚きの内容だった。やがて殺人事件が連続しておこり・・・

☆☆☆帰ってきた石坂浩二版、金田一。
30年前の映画を市川監督自らがリメイクしたもの。

なんで今頃また作ったんでしょうかねぇ。オリジナルの映画だけでなく、古谷一行版、中井喜一版、片岡鶴太郎版、稲垣吾郎版・・・まだありましたっけ?しかもことごことく見ているワタクシ(笑)
金田一物ってホントよく作られますよね。どの金田一がいいかは好みによると思うけど(犬神家以外ではいろいろいますね。一番しっくりこなかったのは渥美清。もろ、寅さんで)、ワタクシは意外と石坂浩二版は好きだった。

前の映画から30年、果たして石坂氏はどうなったか・・・
あんまりかわってない!ちょっとした驚きである。もちろん、それなりに老けてはいるけれど違和感がない。
大滝秀治が前と同じ役で出ていたり、署長役は加藤武だし、前作で出ていた草笛光子、三條美紀が(別の役で)出ていたりするのが、ファンとしてはうれしい。

テーマ曲も同じ、映画がはじまると、なんだかワクワクしてきたのだが・・・

前作とあまりかわらないじゃん!演出もさほどかわっていない気がして(細部は違うところがもちろんあるけれど)、安心して見られるといえばそうなのだけど、もう少しおっという演出があってもよかったかなあと。
って、ワタクシが何度も見て筋を熟知しているのがいけないのでしょうか。

こうなると、あとは配役のおもしろさだが、やはり3姉妹が貫禄ですね。さすが富司純子は一番の貫禄。息子と共演するというのは少々微妙だけど、凄みはあった。

とまあ、いろいろ文句をいいつつも見てしまうんですね、金田一。
しかし、もう少し人がたくさん死なないうちに事件を解決できんのか、金田一!

« 沖縄旅行3日目 | トップページ | 第44回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
何故リメイクしたんでしょう?(笑)
若手の監督が新しい感性でリメイクするならまだしも、市川監督は90歳超えてましたからね~
話題作り以外の何物でもなかった気がします。

こんばんは!
いやホントに、市川監督の年を感じてしまいましたね。何もここまで同じに作らなくても・・・
豪華キャストが泣きますね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/43700667

この記事へのトラックバック一覧です: 「犬神家の一族」:

« 沖縄旅行3日目 | トップページ | 第44回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon