« 常陸野ネストビール ヴァイツェン | トップページ | サッポロ 冷製SAPPORO »

2009/03/28

「M:i:III」

本日の映画
M:i:III
M:i:III
movie-12 「M:i:III」 MISSION: IMPOSSIBLE III  2006年米

DIR:J・J・エイブラムス
CAST:トム・クルーズ、フィリップ・シーモア・ホフマン、ヴィング・レイムス、マギー・Q、ジョナサン・リース=マイヤーズ、ミシェル・モナハン、ローレンス・フィッシュバーン、ケリー・ラッセル、ビリー・クラダップ
STORY:現役を引退し教官としてスパイの育成にあたるイーサン・ハント。結婚を間近に控えたある日、新たなミッションが。拘束された教え子の救出に向かったイーサンは、闇ブローカーのデイヴィアンと闘うことに・・・

☆☆☆ミッション・インポッシブルの3作目。
トム・クルーズのこのシリーズも3作目。1作目はそれなりだったが、2作目は少々息切れ気味だったので3作目はどうか。

元々テレビシリーズの「スパイ大作戦」が大好きだったワタクシとしては(昔よく12チャンネルでやってた)、1作目からちょっと違和感があって、これはもう「スパイ大作戦」とは別物とわりきることにしたわけなんだけど・・・
やっぱりねー、3作目でも主人公イーサンが独走状態。仲間のエージェントの活躍も少々あるのだが、トム・クルーズの独壇場。チームワークで乗り切っていくところがおもしろかったのにねぇ。

そして、もう一つの不満は、イーサンがなんと結婚!いや、別に結婚がどうのこうのというわけではなくて、私生活は描いて欲しくなかったなと。あるミッションのために集められた仲間が終わるとまた去っていく、というのがよかったのだけど・・・

とまあ先に不満を述べてしまったのだが、アクションスパイ映画としては十分よくできてるとは思うんですね。ハイテクに頼りすぎるところもなきにしもあらずだけど、カラダを張ったアクションの連続で息つく間もないくらい。「スパイ大作戦」のファンじゃなかったら、もっと楽しめたんだろうなあ。

そして、悪役のF・S・ホフマンがいい。憎たらしく、不気味な悪役、さすがだ。とても守備範囲の広い役者さんで、トムのファンの方には悪いけど、この映画でも主役を喰ってたなあ。

これ4作目ってできるんでしょうか?もういいような・・・

« 常陸野ネストビール ヴァイツェン | トップページ | サッポロ 冷製SAPPORO »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。オイは、1作目が一番おもしろかったですね。一番、ミッショインポッシブルという名前の意味、スパイ映画という内容に近い気がします2,3はただのアクション映画になってしまったようでガッカリでした。

こんばんは、しぽさん。
私も1作目が一番雰囲気も出てたしよかったと思います。
2、3作目はスパイ大作戦と言わない方がいいような・・・トム・クルーズのアクション映画になっちゃってましたからね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/44495482

この記事へのトラックバック一覧です: 「M:i:III」:

« 常陸野ネストビール ヴァイツェン | トップページ | サッポロ 冷製SAPPORO »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon