« アサヒ オフ | トップページ | モンベル ストームクルーザー »

2009/03/03

「小間使」

本日の映画
Cluny Brown [ NON-USA FORMAT, PAL, Reg.2 Import - Spain ]
movie-9 「小間使」 Cluny Brown 1946年米

DIR:エルンスト・ルビッチ
CAST:シャルル・ボワイエ、ジェニファー・ジョーンズ、ピーター・ローフォード、ヘレン・ウォーカー、C・オーブリー・スミス、リチャード・ヘイドン
STORY:戦時下のチェコから亡命したきた作家ベリンスキーは、彼を崇拝するアンドリュー・カーメルと知り合い、カーメル家に滞在することになる。そこで今は女中として働くクルーニーと再会するが、クルーニーは薬屋のウィルソンに求婚され・・・

☆☆☆エルンスト・ルビッチの遺作。
ルビッチ監督の映画は3本くらいしか見たことがないのだが、どれも洒落た作品だった(特にお気に入りは「ニノチカ」)。

この映画も、おしゃれだし、ユーモアたっぷり。

少々変わり者のチェコの作家ベリンスキーのオーバーアクションもおもしろいけれど、これまたとっても風変わりで自由な娘クルーニーもおもしろい。
そして、イギリスの貴族社会を、徹底的に風刺するところにまたおかしみがうまれる。
どこかずれた貴族の当主夫妻、杓子定規すぎる召使いたち、世間にうとい貴族の子供たち・・・
この中にいると、変わり者のベリンスキーもクルーニーも普通に見えるから不思議だ。
スノッブな薬屋の描写も嫌みが効いている。クルーニーが配管をなおしたというだけで、結婚をやめるとは・・・
まあ昔はそんな社会だったんですね。

C・ボワイエはなまり丸出しの大げさ演技が楽しく、J・ジョーンズはこの頃が一番かわいい。そして、驚いたのは、薬屋ウィルソンを演じたのが、「サウンド・オブ・ミュージック」でマックス伯父さんを演じたリチャード・ヘイドンだったこと。きどったしゃべりかたがおかしい。

未見のルビッチ映画是非みたいと思う。

« アサヒ オフ | トップページ | モンベル ストームクルーザー »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/44227823

この記事へのトラックバック一覧です: 「小間使」:

« アサヒ オフ | トップページ | モンベル ストームクルーザー »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon