« 「穴」 | トップページ | リリアン・J・ブラウン『猫は火事場にかけつける』 »

2009/03/31

「ドクター・ドリトル」

本日の映画
ドクター・ドリトル【字幕版】 [VHS]
movie-14 「ドクター・ドリトル」 Dr.Dolittle  1998年米

DIR:ベティ・トーマス
CAST:エディ・マーフィ、オシー・デイヴィス、オリヴァー・プラット、ピーター・ボイル
STORY:医師のドリトルは、ある日車で轢きそうになった野良犬の声を聞いたことで、子供の頃もっていた動物と会話できる能力を思い出す。やがて病気の動物たちが次々とドリトルの元を訪れるが、周囲からは精神的におかしくなったと思われてしまう。

☆☆☆ロフティングの原作とは似ても似つかないが・・・

ワタクシは子供の頃、ロフティング原作のドリトル先生シリーズが大好きで何度も読んだものだった(特にサーカスのお話は大好きだった)。というわけで、ドリトル先生のイメージはワタクシの中ですっかりできあがってしまっており、レックス・ハリソン主演の1967年の映画「ドリトル先生不思議な旅」もちょっと微妙だった。ストーリー的には大きく離れているわけではないけれど、これってミュージカルだったし・・・

そして、この映画もイメージが壊れちゃいそうでずっと見ることなくきたが、ひょんなことから見るハメに・・・

なかなか楽しいです、ドリトル先生だってことを忘れれば(笑)。動物と話ができるという設定をかりてるだけですからね。
だいたい動物の出る映画には弱いのだが、こんだけいろいろな動物が出てきたら楽しくないわけはない!動きの一部は当然CGなのだが、みんな芸達者だなあ。

あまりにオーバー演技なエディ・マーフィは苦手だけど(ホントはそれが彼の持ち味なんでしょうけど)、この映画ではさほど気にならず。療養施設の場面では若干オーバーアクション気味だったけれど、ぎりぎりOK。ファミリー向けに撮ったのかな、この映画。

とりあえず続編も見てみようかなという気になった次第。

でも、ドリトルって名前はやめてほしいなあ(←クドイ)。

« 「穴」 | トップページ | リリアン・J・ブラウン『猫は火事場にかけつける』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/44526664

この記事へのトラックバック一覧です: 「ドクター・ドリトル」:

« 「穴」 | トップページ | リリアン・J・ブラウン『猫は火事場にかけつける』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon