« たかはしみき『こげぱん三都旅日記~大阪・神戸編~』 | トップページ | サントリー ザ・ストレート »

2009/04/11

【山水に学ぶ 江戸絵画の風景250年展】

art-4 【山水に学ぶ 江戸絵画の風景250年展】 府中市美術館

0904111
今週はとても疲れたので、今週は家で引きこもっていようと思ったのが、伊藤若冲の2作品の展示は明日までというので、急遽お出かけ。

府中市美術館は【動物絵画の100年展】以来。うちからは車でついーっと行くことができて便利である。

0904112
同居人が入り口で、クイズに全問正解すると絵葉書がもらえるという「山水探検隊」なるものをもらったので、鉛筆片手にまわることに。

のっけからクイズの対象となっている絵、「騰龍隠雲之図」。かさが遙か遠くまでとばされる様子が動的でおもしろい。

そして早くも登場するのは、若冲の「石灯籠図屏風」。近づいてみるとちゃんと点描画。まるでスーラ!
後半に登場するもう1枚の若冲の「石峰寺図」。おもしろい構図の風景画なのだけど、描かれた人物がなんだか丸っこくてユーモラス。
2枚の若冲、迫力があったのは、前者だけど、印象に残ったのは後者。
いずれも京都国立博物館所蔵の絵。長い間は貸し出してくれないんですね。

ワタクシは西洋画に傾倒していて、日本画をみはじめたのはわりと最近のことなので、まだまだ不勉強なのだけど、今日見ていて思ったのは、江戸の中期以降の絵は、案外西洋画風の絵が多いということ。司馬江漢などはその代表格だけど、土井有隣とか亜欧堂田善などもそう。なかなかよろしい。

しかし、一番印象に残ったのは、曾我蕭白。力強い直線的な輪郭、一方で細かい描写、部分で違った手法と、非常にユニーク。
数枚展示されていたけれど、来週火曜以降の後期には重要文化財「月夜山水図屏風」がくるようで。

これは後期も行くしかないですね。半券もっていくと、入場料が半額になるし・・・

« たかはしみき『こげぱん三都旅日記~大阪・神戸編~』 | トップページ | サントリー ザ・ストレート »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

伊藤若仲・曾我蕭白一緒が一緒に観れるのは明日までなんですよね。中央図書館のポスターで今日知りました。

明日は観にいく予定です。上野での展示は人が多すぎてゆっくり観れなかったのですが、府中なら大丈夫そう。自転車でサイクリングがてら出かけようかなと思っています。

かねかねさん、こんばんは。
なかなかにいい展覧会でした。是非是非行っていらして下さい!
今日はほどほどの混み具合で、上野もこれくらいだといいんですけどね。明日は若冲最終日ですからちょっと混むかもしれませんね。
気候はちょうどいいくらいですから、サイクリングがてら行くのは気持ちよさそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/44641281

この記事へのトラックバック一覧です: 【山水に学ぶ 江戸絵画の風景250年展】:

« たかはしみき『こげぱん三都旅日記~大阪・神戸編~』 | トップページ | サントリー ザ・ストレート »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon