« キリン フリー | トップページ | フロンテラ・カルメネール »

2009/04/22

大田垣晴子『箱庭』

本日の本
箱庭
book-18 『箱庭』 大田垣晴子著  筑摩書房

実に雑多な本である。
大田垣さんが興味を持ったことを、詰め込んだ本だから。
非常に好奇心の旺盛なかたなので、興味のあること、やりたいことがあふれ出てくる。それをぎゅっと詰め込んだ箱庭がこの本。

そして気になったことに対するこだわりがまたすごいんですね。
「しらべもの」のコーナーでは、ひたすら観察。車内の人たち数十人が何をしているかを調査したり、レンタルビデオ店ではみなが何を選ぶかを数えたり・・・

もっとも大田垣さんらしい本の1つと言えましょう。

« キリン フリー | トップページ | フロンテラ・カルメネール »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/44757050

この記事へのトラックバック一覧です: 大田垣晴子『箱庭』:

« キリン フリー | トップページ | フロンテラ・カルメネール »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon