« 椎名誠『『十五少年漂流記』への旅』 | トップページ | ジェイニー・ボライソー『待ちに待った個展の夜に』 »

2009/04/29

「夢駆ける馬ドリーマー」

本日の映画
夢駆ける馬ドリーマー スペシャル・エディション [DVD]
movie-19 「夢駆ける馬ドリーマー」 Dreamer:Inspired By A True Story  2005年米

DIR:ジョン・ゲイティンズ
CAST:カート・ラッセル、ダコタ・ファニング、クリス・クリストファーソン、エリザベス・シュー、デヴィッド・モース、フレディ・ロドゲリス、ルイス・ガスマン、オデッド・フェール
STORY:ケンタッキーの調教師ベンは期待の牝馬ソーニャドールの調教を請け負っていた。ソーニャの足の異常に気づいたベンはレース参加を見送るよう進言するが、オーナーは出場を強行させ、ソーニャは骨折してしまう。首になったベンは退職金がわりにソーニャを譲り受け、次第にソーニャは回復していく。

☆☆☆骨折から奇跡の復活を遂げた競走馬をモデルにした映画。
なんとなく「シービスケット」と混同していたが(こちらは見ていない)、ちょっと違った。

これって、アメリカ人が好きそうなテーマですね。
挫折した主人公が、家族との絆もいったんバラバラになりそうになるけれど再生、家族も元の通りに戻る・・・というストーリーで、そこに馬の再起もからめている。

まあこういう話の場合、結末は見えているので安心して見られるという利点はあるけれど、この映画の場合、あまりにさらっと描かれるので、ちょっと厚みにかけるかなあという気も。あっさりしすぎているんですね。気持ちよく見られるっていうのはありますが。
悪役もいかにもだし、善人は善人として描かれているので、非常にわかりやすい。

一つの売りはD・ファニングちゃんが出ているということだけど、この映画では優等生っぽすぎるかなあ。大好きなK・ラッセルはフツーだし、E・シューは影薄いし(同じファニングちゃん共演の「ハイ・アンド・シーク」よりは存在感はあった)。C・クリストファーソンはいい味だしてたけど・・・

なんともコメントしがたいフツーの映画でありました。

« 椎名誠『『十五少年漂流記』への旅』 | トップページ | ジェイニー・ボライソー『待ちに待った個展の夜に』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/44836972

この記事へのトラックバック一覧です: 「夢駆ける馬ドリーマー」:

« 椎名誠『『十五少年漂流記』への旅』 | トップページ | ジェイニー・ボライソー『待ちに待った個展の夜に』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon