« 【ルオーの祈り+絵画と版画展】 | トップページ | 「スラムドッグ$ミリオネア」 »

2009/04/19

「イルマーレ」

本日の映画
The Lake House (Widescreen Edition)
movie-16 「イルマーレ」 The Lake House  2006年米

DIR:アレハンドロ・アグレスティ
CAST:キアヌ・リーヴス、サンドラ・ブロック、ショーレ・アグダシュルー、クリストファー・プラマー、ディラン・ウォルシュ
STORY:女医ケイトはシカゴの病院に赴任することになり、湖のほとりの家を引っ越すことになり、郵便物の転送を頼もうと郵便受けにメッセージを残す。建築家アレックスは、思い出の湖の家を買い取り越してくる。そこでケイトの手紙を受け取るが、ケイトは2006年、アレックスは2004年にいることに気づく。

☆☆☆12年ぶり、キアヌとサンドラの共演作。
韓国映画のリメイクだが、オリジナルは見ていない。

でも、この映画、予告編を見て以来ずっと楽しみにしていた。
サンドラのファンだし、キアヌとの久々の共演作だしということで。

いや、期待は裏切られなかった。
なんとも切なくて、ファンタジックなラブ・ストーリー。

タイムパラドックスを考えるときりなくて、あちこち整合性のないことが気になりそうだが、そんなことはもうどうでもいいんですね。

ある意味遠距離恋愛で、すれ違いラブ・ストーリーで・・・
でもどうにもならない壁が、「時」。これじゃあ、どう考えてもめぐりあえない。というところに、なんともロマンティックな状況がつくりだされるわけで。いいな、この映画好きです。

キアヌは若干太った気もするけれど、ラブ・ストーリーは相変わらず似合うし、がははと笑わないサンドラは今まであまり好きではなかったけど、今回のサンドラはいいですね。落ち着きが出てきたのかな。こういうしっとりしたサンドラもあり。

韓国版はどうなんでしょう?

« 【ルオーの祈り+絵画と版画展】 | トップページ | 「スラムドッグ$ミリオネア」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

>nocciさん、コメントありがとうございました。

>韓国版はどうなんでしょう?
2000年の作品ですが、4年前に出会いました。
5回以上観ました。
身を切られるほどのせつなさを感じます。
韓国映画のラブストーリー作品中でもピカイチだと思います。
機会があれば是非ご覧ください。

こんばんは。こちらにもコメントありがとうございます。

これは是非とも見なきゃですね。
多分好きになりそうな気がします。
おすすめありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/44726236

この記事へのトラックバック一覧です: 「イルマーレ」:

» 映画『イルマーレ』(お薦め度★★★) [erabu]
監督、アレハンドロ=アグレスティ。2006年米。原題『THE LAKE HOUS [続きを読む]

» 映画『イルマーレ』 [茸茶の想い ∞ ~祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり~]
原題:The Lake House そんな郵便受けがあるのなら、明日の新聞を入れて欲しい・・競馬や株で儲けるのも夢じゃない、されどこれはラブファンタジー、愛さえあれば何もいらない・・・ 2006年のケイト(サンドラ・ブロック)と2004年のアレックス(キアヌ・リーヴス)... [続きを読む]

« 【ルオーの祈り+絵画と版画展】 | トップページ | 「スラムドッグ$ミリオネア」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon