« 吉祥寺:新潟カツ丼タレカツ | トップページ | 「グラン・トリノ」 »

2009/06/21

【ラウル・デュフィ展】

art-8 【ラウル・デュフィ展】 三鷹市美術ギャラリー

0906211
もう少しで終わってしまうので、慌てて駆けつけた展覧会。
この美術館にくるのははじめて。三鷹市も金持ちだなあ。

デュフィというと、あの鮮やかで明るい色彩が頭に浮かび、南仏っぽいなあというイメージ。きっと南仏の人だなと思っていたが・・・

確かに晩年は南仏で過ごしたものの、生まれは北西部のル・アーブルの生まれだそう。
はじめは、あの特徴的な絵ではなく、どちらかというとくすんだ色合いの絵だったようだ。そして、キュビズムやフォービズムの影響を受けつつも、次第に自分のスタイルを確立。

明るい色彩、そして線と色がずれる描き方。その線はおどっているような奔放な線。今にも動き出しそうな躍動感。

デュフィはレース(競馬、レガッタなどなんでも)、音楽が好きでそうした題材の絵が多いのだけど、オーケストラをテーマとした絵がいい。オーケストラの音色が今にも聞こえてきそうで・・・

展覧会の最後に飾られていたのは、「電気の精」のリトグラフ。パリ市立近代美術館にあるものは縦10メートル、横60メートルと大きな絵だが、こちらは10分の1の大きさ。科学者110人が描かれていてちょっとユーモラス。

今度パリに行ったら、是非パリ市立近代美術館に行こう。

(展覧会は6月28日までですのでお早めに)

« 吉祥寺:新潟カツ丼タレカツ | トップページ | 「グラン・トリノ」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/45415057

この記事へのトラックバック一覧です: 【ラウル・デュフィ展】:

« 吉祥寺:新潟カツ丼タレカツ | トップページ | 「グラン・トリノ」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon