« 「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」 | トップページ | 武蔵境:餃子の王将 武蔵境駅前店 »

2009/08/29

リリアン・J・ブラウン『猫は七面鳥とおしゃべりする』

本日の本
猫は七面鳥とおしゃべりする (ハヤカワ・ミステリ文庫)
book-36 『猫は七面鳥とおしゃべりする』 リリアン・J・ブラウン著 ハヤカワ・ミステリ文庫

STORY:ピカックスの町が150周年を迎えようとしていた矢先、元新聞記者の大富豪クィラランの土地で男性の死体が発見される。その時刻、飼い猫ココがおそろしいうなり声をあげていた・・・

☆☆☆シャムの猫ココシリーズ第26弾。
すごいですねぇ、このシリーズ。長寿シリーズです。

次第にこのシリーズもミステリー色が薄くなって、だんだん殺人事件なんかもどうでもよくなる展開(笑)。本作でも殺人事件は起きるけれど、これは脇すじで、メインの事件が起こるのかなあと思っていたら、そのまま終わってしまった・・・

いやでも許せるんですね。
おなじみの面々が楽しいし、クィラランとココがどうなったかがわかればいいわけで。

安心して読むことができるシリーズだけれど、ミステリーとしては初期の頃の作品が圧倒的にできがいいわけで、未読の方はまずは最初の方から読んでいただきたいですね。

« 「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」 | トップページ | 武蔵境:餃子の王将 武蔵境駅前店 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/46056329

この記事へのトラックバック一覧です: リリアン・J・ブラウン『猫は七面鳥とおしゃべりする』:

« 「ウルヴァリン:X-MEN ZERO」 | トップページ | 武蔵境:餃子の王将 武蔵境駅前店 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon