« 【ベルギー王立美術館コレクション ベルギー近代絵画のあゆみ展】 | トップページ | 「ナンバー23」 »

2009/09/25

【版画がつくる驚異の部屋へようこそ!展】

art-12 【版画がつくる驚異の部屋へようこそ!展】 町田市立国際版画美術館

0909241
最終日ということで慌てて行った展覧会。前々から気にはなっていたのだけど、ようやく行くことができた。

なんでも、昔のヨーロッパ貴族は金にあかして、珍しいものを集め、自分専用の「驚異の部屋」を作って楽しんでいたらしい。
それを版画で再現しようという試み。

その名も「驚異の部屋」という版画からはじまって、はじめに目をひくのは、自然の驚異のパートの人体解剖図。人体の不思議展を連想させますね。見たいような、見たくないような・・・でもつい見てしまうというような。結構グロテスク。

続いて興味を持ったのは、『フローラの神殿』。植物図譜である。
背景がミスマッチな感じもあるのだが、よくよく見ると細かい版画。多色刷りで美しい。

そして、じっくり見てしまったのは、ミルトンの『失楽園』の挿絵(版画)と、ダンテの『神曲』の挿絵。恐ろしい地獄が描かれているのだが、美しいのである。これ、一部分だけじゃなくて全部を見てみたいなあ。

踊る骸骨のパートは、とってもユーモラス。
死、そしてその象徴の骸骨は本来は恐ろしいものであるはずなのに、全然怖くはなく、むしろユーモラス。

奇妙な展覧会ではありましたが、おもしろい企画だと思いました。
いや、行ってよかった・・・

※この展覧会は9月23日で終了しました。

« 【ベルギー王立美術館コレクション ベルギー近代絵画のあゆみ展】 | トップページ | 「ナンバー23」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/46304923

この記事へのトラックバック一覧です: 【版画がつくる驚異の部屋へようこそ!展】:

» 現代絵画の解剖 [忍者大好きいななさむ書房]
現代絵画の解剖 [続きを読む]

« 【ベルギー王立美術館コレクション ベルギー近代絵画のあゆみ展】 | トップページ | 「ナンバー23」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon