« 新宿:TOKABO | トップページ | 【版画がつくる驚異の部屋へようこそ!展】 »

2009/09/23

【ベルギー王立美術館コレクション ベルギー近代絵画のあゆみ展】

art-11 【ベルギー王立美術館コレクション ベルギー近代絵画のあゆみ展】 損保ジャパン東郷青児美術館

0909231
【ベルギー幻想美術館展】に行ったからにはこちらも行かねば・・・

6つのパートにわかれるこの展覧会だが、はじめのパートのはじめの作品は、コローである。
あれ?フランス絵画?ベルギーだよね?
と一瞬不思議に思ったけれど、ベルギー絵画展じゃなくて、ベルギー王立美術館コレクションですもんね、別にベルギー絵画だけじゃないわけで。
出品目録を見ても、結構フランス絵画がある。

だんだんわかってくることなのだが、フランス絵画がベルギー絵画に及ぼした影響は大きいのである。相互の関係をうまく展示した展覧会なのですね、これは。

バルビゾン派からはベルギーにテルヴューレン派が誕生し・・・
クールベなどの写実主義からレアリスムに発展・・・
印象派が発展、ベルギーにおいて新印象派が流行・・・

フランスで点描画がはやったあと、ベルギーでも大流行したそうで、この頃は点描画がいっぱい(新印象派)。レイセルベルヘや、フィンチ、ヴェルデ。いくぶんやわらかなタッチの点描画である。

そして、さらに発展すると、ルミニスムが登場する。
エミール・クラウスを代表とする派だが、印象派のもっと光を強調したような作風。光が上から降り注いでいるかのような絵なんである。意外と好きかも。

そして、最後のパートはフォーヴィスム。
フランスのフォーヴィスムの画家よりはややおとなしめな感じだが、やはり色彩は強烈であった。

こうしてみると、フランスとベルギーの絵画は、密接な関係をもちつつ、発展してきたことがわかる。

勉強になった展覧会でありました。

« 新宿:TOKABO | トップページ | 【版画がつくる驚異の部屋へようこそ!展】 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/46294473

この記事へのトラックバック一覧です: 【ベルギー王立美術館コレクション ベルギー近代絵画のあゆみ展】:

» 「ベルギー」を含むニュースと関連グッズの紹介 [イマナビ!News&Shopping]
イマナビでは「ベルギー」を含むニュースと関連グッズの紹介をしています。「ベルギー」に興味があれば是非ご覧ください! [続きを読む]

« 新宿:TOKABO | トップページ | 【版画がつくる驚異の部屋へようこそ!展】 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon