« 箱根ビール こゆるぎブラウン | トップページ | サッポロ オフの贅沢 »

2009/10/28

「あの日の指輪を待つ君へ」

本日の映画
あの日の指輪を待つきみへ [DVD]
movie-51 「あの日の指輪を待つ君へ」 Closing The Ring 2007年英加米

DIR:リチャード・アッテンボロー
CAST:シャーリー・マクレーン、クリストファー・プラマー、ミーシャ・バートン、ネーヴ・キャンベル、ピート・ポスルスウェイト、ブランダ・フリッカー
STORY:長年連れ添った夫を亡くしたばかりのミシガン州のエセル・アンのもとにアイルランドから、彼女の名が刻まれた指輪が発見されたという知らせが届く。50年前、エセル・アンはテディと結婚するが、直後出征して・・・

☆☆☆アッテンボロー監督が贈る恋愛ドラマ。

ストーリーは、1991年のアメリカ・ミシガン州と、北アイルランドのベルファスト、そして、50年前のミシガン・ベルファストの4つ場所で展開していく。
ということもあって、はじめはわかりにくく・・・

特に、エセル・アンはともかくとして、テディ、ジャック、チャックの若い頃を演じる俳優さんたちがよく知らないということもあって最初は判別しにくく、ストーリーが把握しくにいんですね(ってワタクシの問題か)。で、なかなか乗り切れず・・・
ようやく人物の判別がつくようになり、過去と現在がつながったところで、ぐんとおもしろくなる。

結構壮大なラブ・ストーリーなんですね。
エセル・アンはなぜ夫の死に涙一つ見せないのか、夫の親友ジャックはなぜ何も語らないのか、ベルファストの老人クィンランの果たした役割は?といろいろな謎が解き明かされていくわけだけど、悲しいなあ。呪縛から解き放たれるまでになんと50年を要したわけだから・・・
みんな、様々な理由から約束を果たそうとしてきたわけで、戦争の悲劇ともいえるが、もっと早く苦しみから解放されていたら、と思う。

ラストは展開がちょっと早すぎるという気もしたが、結末にはホッとする。
前半がもっと整理されていたらもっとよかったんですが。

さすが、S・マクレーン、C・プラマー、P・ポスルスウェイト、B・フリッカーといったベテラン俳優たちの演技は重厚で素晴らしい。

« 箱根ビール こゆるぎブラウン | トップページ | サッポロ オフの贅沢 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/46608875

この記事へのトラックバック一覧です: 「あの日の指輪を待つ君へ」:

« 箱根ビール こゆるぎブラウン | トップページ | サッポロ オフの贅沢 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon