« ジョルジュ・デュブッフ・ボジョレー・ヌーヴォー | トップページ | 国分寺:ラーメン&らーめん一代元 »

2009/11/28

ポール・アルテ『虎の首』 

本日の本
虎の首 (ハヤカワ・ポケット・ミステリ1820)
book-51 『虎の首』 ポール・アルテ著 ハヤカワ・ミステリ

STORY:休暇から戻ったツイスト博士はハースト警部の出迎えを受ける。切断された女性の腕と足がスーツケースに詰め込まれて発見される事件の話しをしていると、なんとツイスト博士のスーツケースからも・・・

☆☆☆ツイスト博士シリーズ。

猟奇的な事件ではじめるこのお話。
女性の連続殺人事件と、田舎村での密室殺人とが並行して起こる。

関係するようで関係はあまりなさそうだった2つの事件が、うーん、見事に最後には重なりあうんですね。正直、密室殺人が浮いているような気がしたのだけど、必要があったわけで。

早い段階で、1つの事件については予想がついてしまったので、なーんだという感じだったのだけど、さすがアルテ!真相がそうだったとは。

後から読み返してみると、ヒントはいろいろあるのだけど、一種叙述トリックにはすっかりやられてしまった。

これで、日本で出版されているアルテは終了。早く次が出ないかな。

« ジョルジュ・デュブッフ・ボジョレー・ヌーヴォー | トップページ | 国分寺:ラーメン&らーめん一代元 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/46876664

この記事へのトラックバック一覧です: ポール・アルテ『虎の首』 :

« ジョルジュ・デュブッフ・ボジョレー・ヌーヴォー | トップページ | 国分寺:ラーメン&らーめん一代元 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon