« スイスワイン ガメイ | トップページ | 「イン・ハー・シューズ」 »

2009/12/12

「ウォーリー」

本日の映画
ウォーリー [DVD]
ウォーリー [DVD]
movie-58 「ウォーリー」 WALL・E 2008年米

DIR:アンドリュー・スタントン
CAST(声の出演):ベン・バート、エリッサン・ナイト、ジェフ・ガーリン、フレッド・ウィラード、キャシー・ナジミー、シガーニー・ウィーヴァー
STORY:29世紀の地球。人間に見捨てられた地球で700年間ゴミ処理を続けるロボットのウォーリー。ある時、イヴというロボットが地球に降り立ち、ウォーリーは一目惚れ。何とか気をひこうとするウォーリーが植物を見せた途端、イヴは動かなくなり、宇宙船に回収されてしまう。イヴを助けようと宇宙船にしがみつき、宇宙へ飛び出したウォーリーだが・・・

☆☆☆☆アカデミー賞長編アニメ賞受賞作。

正直言って見始めて数分はおもしろくないなあと思ったのだった。
でも、その後、じわじわとよくなった。台詞がなくとも伝わるのだ。
イヴを想うウォーリーがいじらしくて、かわいらしくて・・・
「ハロー・ドーリー」を使うところなんぞ、映画ファンのツボを心得てますね。だんだん、ロボットたちが人間に見えてくる。感情のないはずのロボットが人間より人間らしく見えたりして。
この前半、一種サイレント映画的でなかなかよろしい。

その後、人間が出てくると雰囲気が一変。
今までの静かな映画が、一転にぎやかな映画に。
このパートはこのパートで、動のおもしろさがあるのだけど、あんまりアニメがかわいくなくて、それが残念。
人間よりロボットがかわいく見えるのは皮肉なものだ。

この映画、環境破壊など、深淵なテーマも含まれるのだが(動かなくなった人間、おそろしや!)、やはりメインは、ウォーリーとイヴの愛の物語。お互いを想う気持ち、ほろりときます。人間ドラマじゃないのにね。

アニメも見なきゃ、ですね。

« スイスワイン ガメイ | トップページ | 「イン・ハー・シューズ」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/47005263

この記事へのトラックバック一覧です: 「ウォーリー」:

« スイスワイン ガメイ | トップページ | 「イン・ハー・シューズ」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon