« 今年の目標(2010年) | トップページ | 茨城旅行 2日目 »

2010/01/07

茨城旅行 1日目

今年の正月休みの旅行はどこに行こうかなかなか決まらなかった。というか、考えるヒマがなかったんである。

で、突如決まったのが、あんこう鍋を食べに行くプラン。
前々から本場で食べたいと思っていたのだが機会にめぐまれず、たまたま同居人があんこう鍋とワインのおいしい宿というのを見つけ、即決。

7時に家を出発、まずはコンビニに寄り軽く朝食を。
高速に入り、守谷のサービスエリアで休憩。同居人が買ったねぎ味噌まんをちょっとだけもらった。サービスエリアっておいしそうなものをたくさん売っているのだけど、がっつり食べてしまうとごはんに響くので泣く泣くあきらめざるをえない。

一般道に降りてからも道は順調で、予定通り、というか少々早く牛久大仏に到着。
いやー、この大仏ホントに大きいんですね。遠くからもばっちり見える。迷わなくていいけど。

あくのが9時半からなので、車の中で居眠りをしつつ待つ。
入場料は冬は100円割引だった。お花が何も咲いていないからだろうか。
庭園はよく整備されていて、季節がよければきれいだろう。

1001071
高いところに上がるのが大好きなワタクシとしては、もちろん大仏様の中にも入ることに。ちょうど胸のあたり、85メートルの地点までエレベーターで上っていけるんである。

1001072
中に入ると一瞬怪しい雰囲気もあったが(笑)、さすが上まで上がるといい眺め。ちょっとかすんではいたけれど。
なんでも世界最大の大仏でギネスブックに登録されているそうで、いやはや、ホントにでかい!

小動物公園はカットして、次なる目的地へ。
鹿島神宮である。

1001073
もうそんなに人はいないだろうと思っていたが、結構人はたくさんいて(やっぱり初詣?)、お賽銭を投げ入れるまで少々並ぶこととなった。

鹿島をあとにしてひたすら北上。そろそろお昼時だが、いけどもいけどもお店が見つからない。
鉾田を通り抜け(ここはメロンが有名らしく、メロンの看板がたくさん)、とうとう大洗へ。
結局リゾートアウトレットの中でお店を探すことに。

といってもお買物が嫌いなワタクシ達なので、ショップには目もくれず(笑)、レストランエリアをぐるっとまわり、イタリアンのお店に決めた。海鮮を出すお店もあったが、夜もお刺身が出るだろうしということで。

ワタクシは大洗産しらすときのこのスパゲティ、同居人はペスカトーレを選ぶ。しらすたっぷりで悪くはなかった。

午後は、この日のメインイベント、アクアワールド大洗へ。
水族館は寒いかもと思い、厚着をしていったのだが、それほど寒くはない。

まずはスケジュールを確認、もうちょっとでいろいろな動物のお食事タイムがはじまるということで、フツーの展示はすっとばし、早足で会場へ。入り口から一番遠いところだったので大変。

1001074
まずは、エトピリカ。ペンギンみたいに水の中ではすごいスピードだ。
そして、ラッコ。いや、ホント贅沢。
続いて、アザラシ。これまたよく食べるけど、ラッコにはかなわない。
最後は、ペンギン。やっぱりペンギンが一番かわいいなあ。水の中ではすごい勢いだが、陸にあがるとよちよち。魚を飲み込む姿がキュート!

1001075
イルカとアシカのショーまでは時間があるので、すっとばしてきたところを見ることに。
と、ちょうどダイバーが水中カメラを操って動物たちを紹介するアクアウォッチングをやっているところに行き当たりしばし見る。コバンザメがぴたっとくっついたかめさんに注目してしまった。
それが終わると隣の水槽ではマンボウの餌やりタイム。人の手から直接餌を食べるなんて!こんな風になつくなんてびっくりだ。

サメを見たり(この水族館、サメとマンボウ日本一とか)、くるくるまわるカリフォルニアアシカなどを見た後、オーシャンシアターへ。イルカとアシカのショーがはじまるまではまだ少しあるが結構人はいっぱいで、開演前にはぎゅうぎゅうの状態に。

期待が高まったところでショーが開幕。
ところが・・・イルカの調子があまりよくないのか、盛り上がらず。水は相当飛んでいたけれど(前の方に座らなくてよかった)。途中ででてきたアシカも1頭で、これもさほど盛り上がらず。うーむ。

ショーが終わるとバラバラと人は減っていき、すいてきた。まだ見ていなかったところをゆっくりとまわって(やっぱりかめさんがかわいいな)、閉館直前に外に出ると日が暮れていた。

そして泊まりの宿は春日ホテル。アンコウ鍋とワインの宿、だそうである。
部屋においてあるワインリストにはざっと100種類くらいが。これは迷う。まあ、あんこうだから白にするとして・・・これで半分にしぼられる。それでも迷うが、魚料理にあうとのことで、スペインのバルミョール・アルバリーニョというワインにしてみた(4500円だが2割引きになった)。フロントに注文して、食事前にお風呂へ。温泉ではないが、ワインボディソープやらシャンプーがあるのがうれしい。

1001076
夕食は6時半からお部屋へ。
あんこう尽くしプランのメニューは、あんこうの供酢、刺身盛り合わせ、あんこうの唐揚げ(あんかけ)、あんこう鍋、おじや、アイス。
見た目はそれほどの量ではないように見えたが、結構おなかがいっぱいになってしまい、お刺身は1枚ずつにとどめた。
やっぱり本場のあんこうはおいしいですねぇ。最後のおじやまで。唐揚げもはじめて食べたがなかなかよい。
そして、迷ったワインだがこれまたおいしい。果実の香りたっぷりで、魚介料理にはぴったりだ。それもそのはず、リアス・バイシャス地区(リアス式海岸の語源となったところ)は海岸沿いですからね。この地区はスペイン白の二大産地の一つらしい。アルバリーニョ種、覚えておこう。

おなかがいっぱいになったら眠くなってしまい、早々10時過ぎには寝てしまった。

(続く)

« 今年の目標(2010年) | トップページ | 茨城旅行 2日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/47230626

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城旅行 1日目:

« 今年の目標(2010年) | トップページ | 茨城旅行 2日目 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon