« 【聖地チベット展-ポタラ宮と天空の至宝】 | トップページ | アサヒ オリオンいちばん桜(2010年季節限定ビール) »

2010/01/11

【ターナーから印象派へ 光の中の自然展】

art-3 【ターナーから印象派へ 光の中の自然展】 府中市美術館

1001111
府中市美術館はそれほど大きくはないけれど、結構いい展覧会をやるので見逃せません。家から車でひょいと行けるので便利!

ターナー、印象派、光、自然というキーワードを聞いたからには行かずにはいられませんね。
この展覧会、絶対ワタクシが好きそう・・・

で、やっぱり素敵でしたねぇ。
入るとパッと目に入ってきたのがコンスタブル。ワタクシ、ターナーよりコンスタブルの方が好きなのだ。続いて、鳥の巣のハントと言われたウィリアム・ヘンリー・ハントの「イワヒバリの巣」やプラムの絵など。いいですね。
そして、ターナーが4点。正直、これこそターナー!という作品ばかりではない。後から出てくるもう1点など、これがターナー?と思うような作品。まったくぼやけていないんですもん。あ、でもなかなかいい絵ですね。初期の傑作、らしい。

これぞ・・・と思えないといえば、ジョン・エヴァレット・ミレイの作品は風景画だったし(いやスコットランドの風景なんか描いてるですよね、ミレイは)、ゴーギャンもらしからぬ絵だった。ボナールも色合いはそうかなあというくらい。新鮮だ。

全体的にはイギリスの風景が多いのだけれど、このイギリスの風景画の光の表現が、フランスの印象派へとつながっていたとは。なるほどねぇ。

そして、カミーユ・ピサロの息子リュシアンがイギリスに帰化し、フランス印象派をイギリスへ伝える役割を果たしていたというのも初めて知った。

風景画、堪能しました。
1001112


« 【聖地チベット展-ポタラ宮と天空の至宝】 | トップページ | アサヒ オリオンいちばん桜(2010年季節限定ビール) »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/47268462

この記事へのトラックバック一覧です: 【ターナーから印象派へ 光の中の自然展】:

« 【聖地チベット展-ポタラ宮と天空の至宝】 | トップページ | アサヒ オリオンいちばん桜(2010年季節限定ビール) »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon