« シャトー・ラマルグ コスティエール・ド・ニム ルージュ | トップページ | ホワイトデー »

2010/03/13

エドワード・D・ホック『サイモン・アークの事件簿Ⅰ』

本日の本

サイモン・アークの事件簿〈1〉 (創元推理文庫)
book-10 『サイモン・アークの事件簿Ⅰ』 エドワード・D・ホック著 創元推理文庫

STORY:73人が集団飛び降り自殺をした現場を取材に行ったわたしは、自称2000歳のサイモン・アークと出会う・・・「死者の村」他9編。

☆☆☆サム・ホーソーンシリーズを読み終えてしまったので、今度はこちらを。

探偵役は、自称2000歳!のオカルト探偵、サイモン・アーク。悪魔退治のために世界中を巡っているという・・・

オカルト探偵というと、なんだか苦手に思えたのだけど、中身はごくごくフツーの(でもないか)本格もの。事件自体も一見、超常現象か?と思わせて、きちんと論理的に説明される。

読み終えて、結局、サイモン・アークの正体はわからなかったけれど(でも後半にいくにつれて、次第にフツーの人間っぽくなってくる)、ミステリとしてはまずまずなので、次作が出たら読みたい。Ⅰというくらいだから、Ⅱも当然出ますよね?

10編のうち、「妖精コリヤダ」と「奇蹟の教祖」が好み。一番、ぞっとしたのは、「死者の村」。

まあしかし、サム・ホーソーンの事件簿の方がより好みかな。

« シャトー・ラマルグ コスティエール・ド・ニム ルージュ | トップページ | ホワイトデー »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/47803161

この記事へのトラックバック一覧です: エドワード・D・ホック『サイモン・アークの事件簿Ⅰ』:

« シャトー・ラマルグ コスティエール・ド・ニム ルージュ | トップページ | ホワイトデー »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon