« スワロフスキー LEAK PENDANT | トップページ | 「ジャケット」 »

2010/03/05

エドワード・D・ホック『サム・ホーソーンの事件簿Ⅵ』

本日の本
サム・ホーソーンの事件簿VI (創元推理文庫)
book-9 『サム・ホーソーンの事件簿』 エドワード・D・ホック著 創元推理文庫

STORY:ある病室の女性患者が毎晩幽霊が出るとサム医師に訴える。別の患者がその部屋に入ることになるが、その患者が殺されてしまう・・・『幽霊が出る病院の謎』他11編。

☆☆☆☆最新刊にして最終巻。

このシリーズ好きだったんですね~
不可能犯罪ばかりを集めた短編集で、若干出来不出来はあるものの、いいレベルを保っていたし、コージーな雰囲気が気に入っていた。

第1巻では、サム医師が田舎町ノースモントに越してきて診療所を開設するところからはじまり・・・この最終巻ではついに結婚~第1子誕生というところまできた。
年代は、ちょうど第2次世界大戦の頃で、戦争のエピソードもまじえながら(最終話はちょっと驚きの戦争ネタ。結構ダイナミックな話)お話が進んでいたのだが、残念ながら作者のホック氏が亡くなってしまったため、これで終わってしまったのである。

この巻では『自殺者の好む別荘の謎』のトリックなんかはやや脱力系だったけれど(笑)、『旅人の話の謎』や『夏の雪だるまの謎』などは結構感心。
そして、やさしさが感じられるエピソードが多かったのもこの巻の特徴かも。

次はサイモン・アークの事件簿シリーズに期待です。

« スワロフスキー LEAK PENDANT | トップページ | 「ジャケット」 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/47727158

この記事へのトラックバック一覧です: エドワード・D・ホック『サム・ホーソーンの事件簿Ⅵ』:

« スワロフスキー LEAK PENDANT | トップページ | 「ジャケット」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon