« サッポロ ドラフトワン | トップページ | キリン サウザン »

2010/03/24

「ラッキーナンバー7」

本日の映画
スマイルBEST ラッキーナンバー7 DTSエディション [DVD]
movie-18 「ラッキーナンバー7」  Lucky Number Slevin  2006年米

DIR:ポール・マクギガン
CAST:ジョシュ・ハートネット、ブルース・ウィルス、ルーシー・リュー、モーガン・フリーマン、ベン・キングズレー、スタンリー・トゥッチ、ダニー・アイエロ
STORY:失業、恋人の裏切りと不運続きのスレヴンは、友人ニックを頼ってニューヨークへ。しかし、ニックは不在、強盗にもあったスレヴンは、ニックと間違われ、ギャングのボスに拉致されてしまう。多額の借金を帳消しするかわりに、敵対するボスの息子の暗殺を強要されるが・・・

☆☆☆一筋縄ではいかないサスペンス。

冒頭、現在の殺人事件、過去の殺人事件、殺し屋の殺人といくつもの事件が描かれ、頭に?マークがつくうちに(この時点では何がなんだかさっぱりわからない)、主人公スレヴン(ハートネット)が登場。

強盗に鼻を折られ、友人とは連絡がつかないままに、その友人の部屋にいた主人公は拉致されてしまう。ようやく解放されたと思うと、今度は敵対するボスに拉致されて・・・
ちょっとお節介気味の隣人女性リンジーが出入りしたりして、この前半は、結構ユーモラスに展開していく。

ところが、後半、がらっと雰囲気がかわるんですね。
そして、なんとねー、そういうことだったか。
確かに、思い返してみるといろいろと伏線は張ってあるのだが、わからなかった。
ラストにもう一つオチがついて、これは終わり方としてはよかったと思う。

次々人が殺されるし、意外と血が飛ぶので、あまり気持ちのよくない場面も多いのだけど、ストーリーとしては好きだな。

キャストも渋いけどいい。
J・ハートネットはあのぬぼーとした雰囲気が、このストーリーにぴったりだし、L・リューはいつになくかわいい役。
2人のボス、M・フリーマンとB・キングズレーはさすがに貫禄たっぷり。
そして、B・ウィルス、この役いいなあ。でも、いつもそうなのだけど、回想場面で若返ると、なぜづら?(笑)まあしょうがないですかね(笑)

« サッポロ ドラフトワン | トップページ | キリン サウザン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/47901358

この記事へのトラックバック一覧です: 「ラッキーナンバー7」:

« サッポロ ドラフトワン | トップページ | キリン サウザン »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon