« コート・ド・ルーション フリュイテ・カタラン・ルージュ | トップページ | 「大帝国行進曲(カヴァルケード)」 »

2010/04/17

「ミラーズ」

本日の映画
ミラーズ (完全版) [DVD]
movie-22 「ミラーズ」  Mirrors 2008年米

DIR:アレクサンドル・アジャ
CAST:キーファー・サザーランド、ポーラ・パットン、エイミー・スマート、
STORY:同僚を誤射し停職処分となったニューヨーク市警のベンは、なんとか社会復帰しようと、5年前の大火災で閉鎖されたデバートの焼け跡を巡回する夜警の仕事に就く。真夜中、巨大な鏡の中にやけどを負った女性の姿を見て以来、ベンの周囲で奇妙な出来事が起きるが・・・

☆☆☆韓国映画のリメイク(オリジナルは未見)。

先日、まるでジャック・バウアーだった(笑)「ザ・センチネル/陰謀の星条旗」を見たところで、キーファー作品を見ようと勝手に?企画、見てみたのだが・・・
うーん、やっぱりジャックだ(笑)。

製作総指揮までつとめて気合いが入っているが、演技にも気合いが。というか気合い入りすぎかも・・・
別居中の妻と話していて急にきれるところからして苦笑してしまったけれど、がんがん行動するところがジャック・バウアーそのもので。

見ていて、「24」がちらついてしまうのが困ったところだが、鏡の謎を解こうと奮闘、推理を進めていくところはとてもおもしろい。
火事の犠牲者の怨念の話か?と思っていたのが、さらにもう一つ先の謎があったとは。ミステリ好きのワタクシとしては好みの展開である。
ジャンルとしてはオカルトホラーかと思うが(妹の浴槽の場面、正視できなかった)、ミステリ要素も多くてよろしい。

でも、アレがなんでそんな手間暇かけて、あの人を探させようとしたんでしょう?いくら、あの人が居た場所があそこだったとしても、見つけられたはずだと思うのだが・・・
って、根源的な疑問を言ってはいけないとは思うが(この映画を成立させるキモですもんね)、なんかワタクシとしては腑に落ちないというか・・・

ラストはちょっとおもしろいですね。

« コート・ド・ルーション フリュイテ・カタラン・ルージュ | トップページ | 「大帝国行進曲(カヴァルケード)」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
やっぱりジャックですよね(笑)
連ドラは当たれば役者にとって色々良いことも多いのでしょうけど
どうしてもイメージが付いてしまって
その先入観が拭えないこともありますね。
以前だと「フレンズ」のメンバー、最近だと「LOST」のマシュー・フォックスがそうでした。

こんばんは。
ホント、何見てもジャックなので、しばらく見るのやめようかと(笑)。
テレビシリーズは終了して、映画化の噂もあるのですが、もうやめた方がいいのでは?と思ったりします。
全然関係ありませんが、M・フォックスは結構好きです~

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/48111655

この記事へのトラックバック一覧です: 「ミラーズ」:

« コート・ド・ルーション フリュイテ・カタラン・ルージュ | トップページ | 「大帝国行進曲(カヴァルケード)」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon