« テル・ドゥ・ルヴァン | トップページ | シャトー・ボーモン »

2010/04/28

ヘレン・マクロイ『家蝿とカナリア』

本日の本
家蝿とカナリア (創元推理文庫)
book-16 『家蝿とカナリア』 ヘレン・マクロイ著 創元推理文庫

STORY:女優ウォンダの主演する舞台の初日、瀕死の男を演じた男が何者かに刺殺される。事件の起きる前、劇場近辺で不審な出来事が相次いでいた。たまたま居合わせたウィリング博士は・・・

☆☆☆精神科医ベイジル・ウィリング博士が探偵役をつとめるシリーズ。

日本版のホンの題名からして挑戦的!
蝿とカナリアというヒントが出ているのである。

実際、本の中でも、何も盗らずにカナリアを解放していった泥棒、狂気の柄にたかる蝿というヒントははじめから出ている。
そして、人数の限定された舞台上で殺人なので、容疑者はわずか3人(+1人)という少なさ。

これなら、すぐにわかるだろう・・・
と思いきやそうでもないのだ。

複雑な人間関係もあるのだが、めくらましにやられてしまう。
わかってみれば、一つの手がかりは、確かに犯人を指し示している。ついつい複雑に考えすぎてしまったのだ。単純に考えればよかったんである。
もう一つの手がかりは、ワタクシの知識不足で、提示されていてもこれはわからなかったが、なるほどね。
実にシンプルだったのだが、すっかりだまされてしまった。

ウィリング博士、この本ではまるでホームズ!ぱっと見ただけで、出身地、仕事、性質などを言い当てるんである。こういうキャラでしたっけ?

他の数冊のウィリング博士ものも是非読んでみよう。

« テル・ドゥ・ルヴァン | トップページ | シャトー・ボーモン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/48201707

この記事へのトラックバック一覧です: ヘレン・マクロイ『家蝿とカナリア』:

« テル・ドゥ・ルヴァン | トップページ | シャトー・ボーモン »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon