« しろ銀滴 | トップページ | 富乃宝山 »

2010/04/02

ヘレン・マクロイ『殺す者と殺される者』

本日の本
殺す者と殺される者 (創元推理文庫)
book-13 『殺す者と殺される者』 ヘレン・マクロイ著 創元推理文庫

STORY:多額の遺産を相続したハリーは、怪我から回復したのを契機に、亡き母の故郷へと移住する。想いを寄せていた女性が別の男性と結婚してしまっていたことにショックを受けるハリーの近辺で、次々と不可解な出来事が起き、ついには死者が・・・

☆☆☆近年再評価され、新訳版がでているヘレン・マクロイ。
この本も新訳で復刊されたもの。

途中まで読み進めたところで、その後に起きるであろう出来事と、真相はなんとなくわかってしまうんですね。
この本が出版された1957年当時は新しかったのかもしれないけれど、これ以外でも同じようなお話はありますから・・・

でも、もう一度パラパラと読み返してみると、細かく伏線がはってあるんですね。
ワタクシは、「なんとなく」わかってしまったのだけど、いろいろヒントが散りばめられているのだ。細かく書き込まれていることに感心。

それに、真相の奥にさらなる真相があったことは驚きで、もちろん、ここまでは読めなかった。

次は『幽霊の2/3』を読むことにしましょうか。

« しろ銀滴 | トップページ | 富乃宝山 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/47971595

この記事へのトラックバック一覧です: ヘレン・マクロイ『殺す者と殺される者』:

« しろ銀滴 | トップページ | 富乃宝山 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon