« アレッサンドロ・ジェレヴィーニ『食べたいほど愛しいイタリア』 | トップページ | 藤田香織『だらしな日記』 »

2010/06/02

カサル・ブランコ・ソシエダーデ・デ・ヴィーノス テラ・デ・ロボス

1006021
ポルトガルワインセットもこれにて終了。
ダメなのも1本あったが、やっぱりいいな、ポルトガルワイン。

ドウロの赤ワインで、ラベルがなんとなく気にいったが、中身はどうか?

2002年というので、もっと熟成された味かなあと思ったが、案外やさしい柔らかい味でおいしい。香りもよし。

アンフォラ(古代からある両取っ手付きの壺)で醸造されたワインとのことだが、樽とはやっぱり違うのでしょうか?

« アレッサンドロ・ジェレヴィーニ『食べたいほど愛しいイタリア』 | トップページ | 藤田香織『だらしな日記』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/48526612

この記事へのトラックバック一覧です: カサル・ブランコ・ソシエダーデ・デ・ヴィーノス テラ・デ・ロボス:

« アレッサンドロ・ジェレヴィーニ『食べたいほど愛しいイタリア』 | トップページ | 藤田香織『だらしな日記』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon