« 【ストラスブール美術館所蔵 語りかける風景展】 | トップページ | サッポロ ヱビス超長期熟成 »

2010/06/08

「マスター・アンド・コマンダー」

本日の映画
マスター・アンド・コマンダー 【ベスト・ライブラリー 1500円:アクション特集】 [DVD]
movie-32 「マスター・アンド・コマンダー」  Master And Commander:The Far Side Of The World 2003年米

DIR:ピーター・ウィアー
CAST:ラッセル・クロウ、ポール・ベタニー、ビリー・ボイド、ジェームズ・ダーシー
STORY:ナポレオンの時代。英国の伝説的名艦長ジャック・オーブリーの元で、フランスのアケロン号拿捕に向かう乗員たちだが、数々の試練が待ち受けていた・・・

☆☆☆パトリック・オブライアンのベストセラー海洋小説、オーブリー&マチュリンシリーズの10作目の映画化。

ワタクシ、昔々、このシリーズの1作目を読み始めたことがあるんである。
が、数十ページであえなく挫折。
それからすっかり忘れ去っていたのだが、映画化されてたんですね。
映画も途中で頓挫するのでは?と不安だったのですが・・・

確かにはじまって1時間以上はかなり退屈。
いろんなエピソードがつめこまれているものの、つながりがなく、ブチブチと切れて、見ているのが大変なほど。よっぽど見るのやめようと思ったのだが・・・

軍医が味方に誤射されて怪我をするあたりからおもしろくなり・・・
最後は結構夢中になって見てしまったのだった。

この映画、エピソード満載、テーマたくさんなので、おなかいっぱいになるのだけど、艦長と軍医の友情、少年兵たちの友情がいいんですね。

軍医が自分で銃弾を摘出する場面と、彼のことを思って艦長がガラパゴスに停泊するくだり(このあたりはのんびりムード)、士官候補生ブレイクニーと軍医の心の交流などはぐっときた。

ワタクシ、船は苦手なので、船のスペクタルにはあまり感動しなかったけれど、最後の戦いは手汗握りました。

欠点はちょっとまじめすぎることでしょうか。監督がウィアーなのでしょうがないかもしれないけれど・・・

ラッセル・クロウは体重を増やしての熱演だけれど、「ビューティフル・マインド」でも共演した軍医役のポール・ベタニーがよかったですね。それと、ブレイクニー役のマッックス・パーキンスも存在感がありました。

なんか、続きがありそうなラストだったけれど、続編はないんでしょうねぇ。

« 【ストラスブール美術館所蔵 語りかける風景展】 | トップページ | サッポロ ヱビス超長期熟成 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/48577808

この記事へのトラックバック一覧です: 「マスター・アンド・コマンダー」:

« 【ストラスブール美術館所蔵 語りかける風景展】 | トップページ | サッポロ ヱビス超長期熟成 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon