« 塩野七生『海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年 1』 | トップページ | シャトー・ド・ヴィルクール »

2010/06/24

シャトー・ティユレー

1006241
ボルドーの赤。
このシャトーは、アントゥル・ドゥ・メール地区のプチシャトーで、本来は辛口の白ワインが主体のシャトーとのこと。
というところでの赤はどうか。

とってもまろやかなワインである。
メルロー90%、カベルネ・ソーヴィニヨン10%だからかも。
若干の甘みが感じられるけれど、カベルネも少々主張があって、バランス的にはよろしいです。
1500円弱という値段からするとまずまず。

« 塩野七生『海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年 1』 | トップページ | シャトー・ド・ヴィルクール »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/48713276

この記事へのトラックバック一覧です: シャトー・ティユレー:

« 塩野七生『海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年 1』 | トップページ | シャトー・ド・ヴィルクール »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon