« 【ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界展】 | トップページ | オリオン サザンスター »

2010/07/20

「インセプション」

本日の映画
インセプション
movie-39 「インセプション」  Inception 2010年米

DIR:クリストファー・ノーラン
CAST:レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙、ジョセフ・ゴードン=レヴェィット、マリオン・コティアール、エレン・ペイジ、トム・ハーディ、キリアン・マーフィ、トム・ベレンジャー、マイケル・ケイン、ピート・ポスルウェイト
STORY:コブは他人の夢に進入しアイディアを盗むプロだが、ある出来事により国際指名手配犯として追われる身となっていた。そんなコブに、サイトーという男がアイディアを盗むのではなくアイディアを植え付けるインセプションを依頼する。これを最後の仕事と引き受けたコブは、メンバーを集めるが・・・

☆☆☆☆急遽先行上映で見て参りました~

ワタクシ、レオナルド・ディカプリオが苦手で、この映画も別に~と思っていたのだが、ひょんなことから見ることに・・・
ほとんど予備知識なしに見に行ったのだが、いやはや見てよかった!これはおもしろいです。

ストーリーはやや難解で、見始めてしばらくは、???だったが、理解してからはこの重層構造がおもしろくて、あっという間の2時間半。
ワタクシ、長い映画は好きではないのだけれど、これは長さを感じさせない。

ノーラン監督、いつもアイディアがすごいなと思うのだが、この映画もやられたなあ。
夢のまた夢のまた夢・・・というのは、ややこしいが、きちんと説明がつくし、こんなことありえないと思いつつも、案外ありうるかなと思ったり。
各夢の階層で、それぞれのストーリーが展開していく、というのがおもしろい。
パリの映像、ビルが崩れていく映像など、迫力ある画面が続くし、いやーもう目が離せません。

レオ様は、いまだ童顔だけれど、昔よりは見られるようになっただろうか。
ただ、妻役のマリオン・コティアールとのバランスが今ひとつ。やっぱり負けちゃうんですよね。いや、コティアールが貫禄ある演技を見せているので、釣り合いがとれないのかも・・・
しかし、これ、レオ様の前作とちょっとかぶったキャラですね。

E・ペイジ(激しいアクションにはどうかと思ったが案外イケル)、T・ハーディ(この人好き!)、懐かしやT・ベレンジャー、ちょい役のM・ケインなど、キャストは渋めだけれどとてもよい。
その中で、今回一気にファンになってしまったのは、ジョセフ・ゴードン=レヴェィット。
クールに任務をこなしていく姿、格好いい!
そして、渡辺謙。さすが貫禄。ハリウッドで十分通用する日本人スターっていままでなかったんじゃないだろうか。違和感ないというのがスゴイ。

ラスト、物語のキーとなるコマがとまりそうで・・・というところで終わるのだが、ワタクシとしてはハッピーなエンディングだったと思いたい。余韻を残す終わり方でありました。

« 【ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界展】 | トップページ | オリオン サザンスター »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/48928733

この記事へのトラックバック一覧です: 「インセプション」:

« 【ベルギー王立図書館所蔵 ブリューゲル版画の世界展】 | トップページ | オリオン サザンスター »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon