« 請福 梅酒 | トップページ | ヴィーニュ・ルラック デュラス・カベルネ »

2010/07/28

塩野七生『海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年 6』

本日の本
海の都の物語〈6〉―ヴェネツィア共和国の一千年 (新潮文庫)
book-35 『海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年 6』 塩野七生著 新潮文庫

とうとう最終巻の6巻目。
ついに読み終えた~
いやー、これおもしろかったです。ヴェネツィアを旅する際には是非読んだらいいと思いますよ。

最終巻のテーマは、ヴェネツィアの死。

さすがのヴェネツィアもトルコとの戦い、イギリスなどの台頭によって、次々に交易拠点を失うこととなり徐々に衰退していく。
すぐれた政治力も次第に古びてきて、世の中の発展についていけなくなったのである。

すっかり衰退したあと、一時的に平和な時が訪れ、芸術の発達をとげるものの(ヴィヴァルディ、カナレットなど)、とうとうナポレオンに滅ぼされる時が・・・
長きに渡ったヴェネツィア共和国の終焉である。

ちょっとあっけない幕切れではあるけれど、こんなにも何も持たなかった都市国家が、こんなにも長く続いたことは驚き。

いやー、読み応えありました。

« 請福 梅酒 | トップページ | ヴィーニュ・ルラック デュラス・カベルネ »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/48998854

この記事へのトラックバック一覧です: 塩野七生『海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年 6』:

« 請福 梅酒 | トップページ | ヴィーニュ・ルラック デュラス・カベルネ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon