« 塩野七生『海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年 5』 | トップページ | キリン 本格〈辛口麦〉 »

2010/07/24

「センター・オブ・ジ・アース」

本日の映画
センター・オブ・ジ・アース [DVD]
movie-40 「センター・オブ・ジ・アース」  Journey to The Center Of The Earth 2008年米

DIR:エリック・ブレヴィグ
CAST:ブレンダン・フレイザー、ジョシュ・ハッチャーソン、アニタ・ブリエム
STORY:大学教授のトレバーは、10年前に行方不明になった兄の遺志を継いで地球内部の研究を行っていた。兄の息子ショーンを預かることになったトレバーは、兄のメモを見つけ、アイスランドへと向かう。山岳ガイドのハンナを案内人に、地球内部への入り口があるとされている山へと向かうが・・・

☆☆☆原作はジュール・ヴェルヌの『地底旅行』。
でも、原作とは違うのだった。あくまでも別作品。

ワタクシ、ジュール・ヴェルヌの小説は大好きだし、映画も大好き。
なので、この映画結構楽しめました。

いやしかし、ヴェルヌってすごいなあ。未来を予言してたことになりますもんね。
こういうSF的発想、当時の人々に受け入れられたかどうかは分からないけれど、最先端だった

だろうなあ。

地底探検なんて、ありえないことだけれど、ヴェルヌが書くとなんかありそうな気もして・・・
そして、次から次へとイベントがあるから、まったく飽きない。
少し子供向けかなということはあるが、無邪気に楽しめばよいのだ。
冒険物語であり、少年の成長物語であり、ロマンスも少々。

ちょっと残念だったのは、映像がやや稚拙だったこと。
なんかCGがいまいちなんですね。
これ、3D映画だったらしいのだけれど、3Dで見ると映像はすごかったのだろうか。

主演は、「ハムナプトラ」の延長線上みたいな、ブレンダン・フレイザー。
残念ながら、この映画でも芝居はワンパターンだったけれど、冒険家みたいな役柄が似合う。
女優さんはアイスランドの人で、この人は今まで知らなかったけれど、ちょっと気が強くてしっかりものの役が似合う。

かえすがえすもCGがもう少しよかったらねぇ・・・

« 塩野七生『海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年 5』 | トップページ | キリン 本格〈辛口麦〉 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/48965998

この記事へのトラックバック一覧です: 「センター・オブ・ジ・アース」:

« 塩野七生『海の都の物語 ヴェネツィア共和国の一千年 5』 | トップページ | キリン 本格〈辛口麦〉 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon