« イタリア旅行 7日目 | トップページ | イタリア旅行 9,10日目 »

2010/08/18

イタリア旅行 8日目

6時半起床、8時近くになって1階のレストランに朝食をとりにいく。
我々の他には誰も客がいなかった。

ジャムクロワッサン、ソーセージ、スクランブルエッグ、チーズ、ハム、フルーツカクテル、レモンムース、紅茶。このホテルには野菜類はまったくなし。前日夜たくさん食べたからいいのだが。

9時くらいまで部屋でぐずぐずして出発。
まず向かったのは、アカデミア美術館で9時半頃到着した。

1008171
入り口に25×30×15の荷物は持ち込み不可とあり、ワタクシのもダメかもと思って、ちっちゃなバッグに貴重品を移してから、チケット売り場に行ったらば、ワタクシのはOK、同居人のはNGとのこと。うーん、移して損した。同居人の荷物を預け(預け料0.5ユーロ)、入場。

修理中の部屋がたくさんあって(4、5、13他)残念と思っていたら、最後の大きな部屋23室に有名な作品は移されていた。

ティッツィアーノ、ティントレット、ヴェロネーゼなどヴェネツィア派絵画は充実している美術館で、特に10室、11室は見応えがある。
最後の晩餐と描かれたものの絵の内容が不謹慎だとして宗教裁判にかけられ、結局題名をかえることになった「レヴィ家の饗宴」(ヴェロネーゼの大作)、ティントレットの連作「聖マルコの奇蹟」、同じくティントレットの連作「天地創造」など、大作が目白押しだ。
20室にある聖遺物の奇蹟を描いた2作品も、当時のヴェネツィアの様子が描かれていておもしろい。
21室にはブルターニュの王女の悲劇ウルスラの連作があり、これも必見。
そして23室には、4,5室にあったと思われる、ベッリーニとジョルジョーネの作品の数々が。ジョルジョーネの「老婆」は印象的である。

1008172
見終えると11時20分くらい。
荷物を請け出し、昼食には少々早いが、ヴェネツィアで是非行こうと思っていたバーカロ(立ち飲み居酒屋さんみたいなお店)が近くにあるのでいそいそと行く。
1008173
プロセッコ(発泡性の白ワイン。是非飲みたいと思っていた)を2杯(2ユーロ×2)、チケッティ(おつまみ)を4つ(4ユーロ)。魚の卵とチーズのせ、ピスタチオクリームのせ、ツナのせ、アンチョビーと小玉ねぎのピクルス。
こういう場所ではささっと飲んでささっと立ち去るのがよろしい。いいなあこういうお店。

さて、またまたサン・マルコ広場へ。
並んで鐘楼へと登る。
といっても、ここは階段じゃなくてエレベーターなのであまりおもしろくはないけれど、やはり高いところには登らざるを得ない。
エレベーターはあっという間に着いて、上にお土産やがあったりするのはなんとなく東京タワーを連想させるが、通り抜ける風が気持ちいい。
人がたくさんで写真を撮るのに少々苦労。
1008174
1008175

またまたあっという間に下まで下がって、コッレール博物館へ。前日買ったサンマルコ共通券で入れるところだ。
入り口がどこだがちょっと迷ったが、寺院の向かいの方だ。

中は思ったより広い。
見始めてすぐになんだかめまいが・・・暑気のせい?ちょっとだけ休んだら復活したので見学再開。
展示物は、ヴェネツィアに関するあれこれで、ベッリーニやカルバッチョ、ロットなどの絵画もあり。
そして、見学の途中で考古学博物館へと入っていってしまった。なーんだ、つながっていたのか。境目に3人の係員の人がべちゃくちゃとしゃべっていてふさいでいたので行けないのかと思ったらそんなことはないのだった。
だいたい、イタリアの美術館の職員の人たちはホントおしゃべり好きで(じゃなきゃパズルやったり本読んだり)、ずーっとしゃべってるんである。いい仕事だナ。
考古学博物館の先には図書館が。なーんだ、図書館もつながっていたのか。結局サンマルコの周囲の美術館博物館は全部制覇したことになる。

広場の回廊にあるお店で時計を購入し、あとはおみやげを求めてふらふらと歩く。頼まれていたものが見つからずあせる。
それとともに、夕食のお店もあたりをつける。この日はどうしてもスカンピ海老が食べたくて・・・
リアルト橋に近いところで一つ候補を見つけ、橋を渡ったところで同居人がネクタイを購入。

さらにふらふらと歩いていたら意図しないところに出てしまい、慌てて地図を取りだし軌道修正。サンタ・マリア・グロリオーサ・デイ・フラーリ教会に出たかったのだ。
スクオーラ・グランデ・ディ・サン・ロッコも見たいし、でも両方はもう時間的に無理だしなあ・・・と悩んで結局後者に入ることに。ティントレットを見たかったので。

ここはもうティントレットづくしで、すごい。
2階は天井画が見事なのだけど、ずっと見上げていると首が痛い。ということで鏡が置いてあるのだけど、あまりに重くてそれを持っている方がつらくて、結局痛い首をさすりながら見上げていた。
この旅行中、ティントレットをホントによく見た。画集とかないかなあ。

サン・ロッコ教会もちらりと見たところでもう時間も遅いし、フラーリ教会は断念。外からちらっと中が見られるのでそれで我慢である。

いったんホテルに戻り、ふらふら歩きながら(はじめて外の道を行く)夕食に行く。
こっちの道に行けばよかったんだなあ。見つからなかったおみやげをあれこれ調達することができてホッとする。
レストランもあれこれ見てみたけれど、第1候補に及ぶところはなし。結局その候補のお店に入ることにした。

1008176
白のハウスワイン2分の1カラフェ、ワタクシがスカンピ海老とズッキーニのスパゲティ、同居人が海のカルボナーラスパゲティ。
うーん、やっぱりスカンピ海老はおいしいな。海のカルボナーラも魚介が入っているとはおもしろい。
最後の晩餐は大満足して終了。コペルト、サービス料含めて48.7ユーロだった。

1008177
帰り道、スーパーでファンタオレンジを買い、すっかり暗くなった9時頃、リモーネのジェラートを1つ買って(1ユーロ)食べる。

なんだか名残惜しいが、もう帰途につかねばならない。
寂しい気持ちになりながら就寝。

(9,10日目に続く)

« イタリア旅行 7日目 | トップページ | イタリア旅行 9,10日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/49175857

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア旅行 8日目:

« イタリア旅行 7日目 | トップページ | イタリア旅行 9,10日目 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon