« イタリア旅行 3日目 | トップページ | イタリア旅行 5日目 »

2010/08/14

イタリア旅行 4日目

6時半起床、7時半朝食。

なぜか日本人団体と間違われ、団体用の部屋へと通される(同居人がネットで調べたところによれば、このホテルはよくそういうことがあるらしい)。置いてある物はほとんど同じなのでまあ問題はないのだが・・・
スクランブルエッグ、ソーセージ、ベーコン、チーズ、パン、タルト、紅茶。
イタリアの人は朝甘いパンを食べるらしく、実際甘いパンだらけなのだが、甘くないのをと取ってみたら味は今ひとつ・・・うーむ。やっぱり朝は甘いのを食べるか。

前日の食べ過ぎがたたって胃が重かったので胃薬を飲み、8時半チェックアウト。駅へと向かう。
乗るのは9時15分のユーロスターAV(アルタ・ヴェロチタ)だが、9時には入線してくるし、早め早めの行動である。

だが、なかなかプラットホーム番号が出ず、結局わかったのは9時ぎりぎり。
慌てて乗る号車へと向かい、乗り込んだものの、我々の座席は違う入り口から入った方がよっぽど早かったのだった。いろいろな人が交錯する中ようやくたどり着く。
ワタクシのスーツケースは座席と座席の間(イタリアの電車は向かい合わせの座席)に入ったのだが、同居人のはなぜか入らず。上の棚にあげようとしたところ、前にウエストポーチをつけていたのでうまくあがらない。それを見た、隣の席の2人の男性が手伝ってあげてくれた。
車両の外にある荷物置き場に置くのはイタリアの場合、正直言って不安だったので(一応ワイヤーロックは持っていったが)、中に置けてよかった、よかった。

ユーロスターAVは新しいので(全線走るようになったのは去年らしい)さすがにきれい。トイレもきれいとの噂だったが、我々の車両のトイレは2つとも故障していて、使おうとしていた人たちが困っていた・・・

また、イタリアの電車は遅れることで有名らしいが、ユーロスターはあまり遅れないらしい。
乗った電車も定時に発車したし、30分くらいは順調に走っていたのだが、突然とまってしまった。それも車体が傾いたままで!ちょっと怖い。ようやく15分後に動いた。なぜとまったのか、と思われるアナウンスはイタリア語しかなかったので原因は不明である。
ということで、15分遅れの11時5分頃、フィレンツェの駅に到着。同居人の荷物はまた隣の男性が親切におろしてくれた。

ここから3泊するホテルは駅前。すぐそこに見えているのだが、石畳がでこぼこでスーツケースを引きずるのが大変。ようやくたどりついてチェックイン。グランド・ホテル・バリオーニという結構古風な感じのホテルだ。

まだ早い時間だったが、幸いにも部屋に入れることになり、ほっ。もう少し身軽になって歩きたかったので。ホテルの同じ階でもアップダウンがあったりしておもしろい造りだが、階段は上らずに済んだ。ポーターを頼まず自力で部屋に向かったので運ぶのが大変なのだ。
前に調べた時、ここのホテルの鍵は開けるのが難しいとあったのだが、カードキーにかわっていて、すんなり入れる。

フィレンツェの予定は、ウフィッツィ美術館の予約を入れたのみで他はまったく考えていなかったけれど(というか旅全体の計画は全然なかった)、電車の中でガイドブックを見つつおおまかにたててみた。
そこで、1時50分にはしまってしまうサン・マルコ美術館にとりあえず行ってみることに。

しばらく並んだのだが非情にも少し前でこの日の入場は終わり。あーあ。
1009131
雨もしょぼしょぼ降ってきたし、メディチ家礼拝堂の前で食事にすることに。
赤ワイン1/2L、ワタクシがピザナポリ風(アンチョビ、ケイパー、オレガノ)、同居人がラザニア。コペルト入れて21.5ユーロ。ピザはおいしかったけれど、ちょっとアンチョビがたくさんすぎて塩辛かった。

1009132
雨もやんだところで、目の前のメディチ家礼拝堂へ。ガイドブックに載っていたのより大幅に値上がっていて、10ユーロ。
さすが、お金持ち?礼拝堂は見事だし、ミケランジェロが設計したという新聖具室も立派だ。4カ所のお墓の上にはそれぞれ、曙、昼、夕暮れ、夜の題のついた彫刻がある。
ここでトイレに。便座あり!って便座は必ずあってほしいなあ。

1009133
続いてジョットの鐘楼に登る。ドゥオモのクーポラは行列が長すぎたので、翌々日にまわすことにする。
1009134
411段だったかの階段、あまり休むところがなくて結構きつい。しかもお酒をそれなりに飲んだあとだったので、息が切れてしまった。しかし、上からの眺めはよくてがんばって登ったかいがあるというもの。
1009135

ここでどうしようか迷ったのだが、がんばってアカデミア美術館に行くことに。
相当並んでるだろうなあと思ったはいたが、やっぱり!
長い列でしかもたまにしか進まない。小さな美術館なので入場制限しているのだろう。
1009136

いいかげん並び飽きたなと思いはじめた約1時間半後の5時前、ようやく入場できた。
実は事前に予約するかどうか迷ったんである。でもウフィッツィ美術館よりはましだろうと、予約料金4ユーロをけちって結局予約しなかったのだ。うーん、やっぱり予約した方がよかったなあ。スプライトを買って飲み飲み並んでいたのだが、すっかり干上がってしまった。

もちろん、ダヴィデ像が目的ではあったのだが、4体の未完成の奴隷像もなかなかよい。
特別展示はちょっと微妙だったが、並んだかいはあった美術館である。

6時を過ぎたところでホテル近くのスーパー(おなじみのコナード)へ。
ビールとキャンティワインのハーフボトル、カプレーゼ風サラダ(バルサミコ酢がおいしい)、サーモンサンドイッチ、カールチーズ味もどきのスナック、水を購入。なんとなくあまり見ずにかったら、なんとガス入り。飲めなくはないが、どちらかというとやっぱりガスなしの方がいいので、大部分を同居人に飲んでもらった。

洗濯をして就寝。

(5日目に続く)


« イタリア旅行 3日目 | トップページ | イタリア旅行 5日目 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/49140790

この記事へのトラックバック一覧です: イタリア旅行 4日目:

« イタリア旅行 3日目 | トップページ | イタリア旅行 5日目 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon