« 植草甚一『植草甚一WORKS5 フランス映画の面白さを語ろう』 | トップページ | シャトー・ドゥ・カップ »

2010/09/10

「コールド・クリーク 過去を持つ家」

本日の映画
コールド・クリーク / 過去を持つ家 [DVD]
movie-50 「コールド・クリーク 過去を持つ家」 Abandon 2002年米

DIR:マイク・フィギス
CAST:デニス・クエイド、シャロン・ストーン、スティーヴン・ドーフ、ジュリエット・ルイス、クリステン・スチュワート、クリストファー・プラマー
STORY:NY在住の映像作家のクーパーは息子の交通事故をきっかけに田舎へ引っ越すことにする。抵当流れの安い物件を買った一家だったが、前の住人が訪ねてきた以降不可解な事件が・・・

☆☆☆日本未公開のサスペンス。

アメリカではそれなりにヒットしたらしいけれど、日本未公開。
なぜかな?と見始めたところ、まあ仕方ないかなという思いに。

邦題を見て、いわゆるハウスもののオカルトホラーかな?と思ったら・・・
いやー全然違った。ひねりのない、というかひねりがなさすぎるサスペンスだった。

思わせぶりな展開をとるのだけれど、最初から見え見え。
早い段階でストーリーが見えてしまうのがつらい。

それでも救われているのは、S・ドーフが怪演してるから。
ワタクシ、あまりこの人好きではないのだけれど、この映画はこの人でもってるなと。
いやーな人物をホントにいやらしく演じていて、不愉快度満点。

それに比して、D・クエイドは普通だし、S・ストーンに至ってはなんでこの映画にという感じ。S・ストーン、ホント、普通の主婦役が似合わないのだ。映画の最初ではバリバリのキャリアウーマンかなと思わせておいて、フツーになっちゃうんですね。
C・スチュワートはひねた役が得意だけれど、この映画でもそういう役で、案外はまっていた。

最大の謎は、M・フィギス監督がなぜこの映画を撮ったかですね。

« 植草甚一『植草甚一WORKS5 フランス映画の面白さを語ろう』 | トップページ | シャトー・ドゥ・カップ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/49402476

この記事へのトラックバック一覧です: 「コールド・クリーク 過去を持つ家」:

« 植草甚一『植草甚一WORKS5 フランス映画の面白さを語ろう』 | トップページ | シャトー・ドゥ・カップ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon