« 吉祥寺:麻辣商人 | トップページ | サッポロ 冬物語 »

2010/10/18

「ヘルボーイ」

本日の映画
ヘルボーイ [DVD]
movie-58 「ヘルボーイ」 Hellboy 2004年米

DIR:ギレルモ・デル・トロ
CAST:ロン・パールマン、ジョン・ハート、セルマ・ブレア、ルパート・エヴァンス、ジョン・ハート、ダグ・ジョーンズ
STORY:第二次世界大戦末期。怪僧ラスプーチンと手を組み、邪悪な神を呼び寄せようとしたナチスだったが、まさに計画が実行されようとしたその時アメリカ軍が急襲、異界から真っ赤な生き物が産み落とされる。成長してヘルボーイと名付けられたその生き物は、超常現象調査防衛局のエージェントとして日々怪物退治に明け暮れていた・・・

☆☆☆人気アメコミの映画化。
っていっても、アメコミに詳しくないので知らないのですが・・・

この監督の映画だし、かなりダークなんだろうなあと思いつつ見始めると・・・
確かにダークはダークなのだけれど、かなりコミカルな要素もある。

何せ、ヒーロー役は悪魔の子で、真っ赤で大きな図体、しっぽがあって、頭にはなぜかちょんまげ?
なんかこの姿もユーモラスなのだけれど、言動がなんかかわいいのだ。好きな女性のデートを尾行してみたり、むくれてみたり。なんかこどもみたい。
そんなヒーロー像がいいような、悪いような・・・
徹底的にダークな方が雰囲気は出たかもとも思うけれど、ワタクシはこんなヘルボーイの方が好き。

デル・トロ監督らしい色の鮮やかな画面は怖くも美しいし、残酷な場面も少々あって、監督の趣味は十分反映されているのだが、「パンズ・ラビリンス」のように見ていてつらいということはないのが助かる。

J・ハートはS・ブレアなど脇に個性派を配しているのはうれしい限り(2人とも暗さがぴったり)。
個人的には半魚人のエイブがいいなあ。

続編も引き続き見てみよう!

« 吉祥寺:麻辣商人 | トップページ | サッポロ 冬物語 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
私は逆にあのコミカルさやルックスに馴染めませんでしたね~
続編は見慣れたってこともありますが
1作目よりも楽しめました。
ただ個人的にはやっぱり「パンズ・ラビリンス」系のダークな作品を撮って欲しいと思っております。

こんばんは。
確かに、ダークさとコミカルさのバランスが微妙という気はしました。
この監督はダークの方に振れた作品の方が得意なのかもしれません。
あ、でも、ヘルボーイ、憎めません(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/49781691

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヘルボーイ」:

« 吉祥寺:麻辣商人 | トップページ | サッポロ 冬物語 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon