« ボジョレー・ヌーボー2010 | トップページ | 国分寺:デンズキッチン »

2010/11/23

「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」

本日の映画
インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国 スペシャル・コレクターズ・エディション(2枚組) [DVD]
movie-59 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」 Indiana Jones And The Kingdom Of The Crystal Skull 2008年米

DIR:スティーヴン・スピルバーグ
CAST:ハリソン・フォード、シャイア・ラブーフ、レイ・ウィンストン、カレン・アレン、ケイト・ブランシェット、ジョン・ハート、ジム・ブロードベント
STORY:1957年、ソ連の女スパイ、スパルコたちが米軍基地を襲撃。スパルコは宇宙の神秘を解き明かすというクリスタル・スカルを探す手がかりを追っていた。スパルコにとらえられたインディ・ジョーンズは脱出するが、再び追っ手が。そこに一通の手紙を持った青年マットが現れ、彼と共に逃げることになる。

☆☆☆☆19年ぶりに作られたインディ・ジョーンズシリーズ4作目。

まさか作られるとは!
ワタクシ、インディ・ジョーンズシリーズが大好きで(1,2作目)、3作目を見た時、おもしろくなかったので、ああこのシリーズも終わりだなと思ったのだが・・・
まさかの復活。

ジョン・ウィリアムズの音楽にのって、インディ・ジョーンズの帽子とムチが出てきた途端、ワクワク気分だったのだが、ああなんと!すっかり年とっちゃったなあ、インディ。
まあそりゃ仕方ないことなのだけれど・・・
あれから20年近くたっているわけだし、ハリソン・フォードはこの時66歳。
正直、こんなインディ見たくなかったなと思いみはじめたところ・・・

いきなり場をさらうのは、ケイト・ブランシェット扮するイリーナ・スパルコ。
黒髪でにこりともせず命令する姿、怖い。さすが、K・ブランシェット、作り込んでますね。こういう役、やってておもしろいんだろうなあ。

で、続いて登場なのはS・ブラーフ。
やっぱり若いなあ。アクションにキレがある。
ジャングルの車でのチャンバラ?なかなか見応えアリ。
でも、H・フォードも負けてはいない。ここのあたりのアクション、(どこまで自分がやってるかはさておき)相当がんばってる。ここにきて(だいぶ後半)、ようやくこれぞインディと思ったのだった。

そして、とってもうれしかったのは、第1作目のヒロイン、マリオンが再登場したこと。
はねっかえりなのはそのまま。K・アレン、さすがに年取ったけれど、そばかすだらけの気の強いヒロイン役がまだまだ似合う。

最後の方はかなり集中して見てしまったけれど、あのオチはどうなんだろう???
ロシアとの冷戦、核実験、ロズウェル事件など実際の出来事をうまく取り入れて作ってはあるけれど、むむ。そうきましか。いや、なんか予感はあったんですけどね。

1作目(と2作目も若干)を意識したつくり、レトロな感じも昔のファンにとってはうれしいことで(逆にこの作品が初インディ・ジョーンズだときついか?)、十分楽しめた。
まあでもさらなる続編は無理だろうなあ。

☆4つは大好きなシリーズなので1つおまけ。

« ボジョレー・ヌーボー2010 | トップページ | 国分寺:デンズキッチン »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

こんばんはー
私は正直言ってこのシリーズ苦手な方でした。
何かゆる~い感じがどうも好きになれなかったのですが
4作目を観て「このゆるさってインディシリーズの作風なんだ」と気づいたら、少し好きになりました(笑)
また時間があれば改めて1,2作目を見直してみようかと思ってます。

こんばんは!
私は逆にこのゆるーい感じが好きなんでしょうね。ユーモアもあるし。
ジェットコースタームービーとはいきませんが、ゆっくり楽しめます。
でももう作らなくていいです(笑)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/50104956

この記事へのトラックバック一覧です: 「インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国」:

« ボジョレー・ヌーボー2010 | トップページ | 国分寺:デンズキッチン »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon