« D・M・ディヴァイン『災厄の紳士』 | トップページ | 望月昭『こんなツレでごめんなさい。』 »

2010/12/15

シャトー・ラ・タラシエール ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ シュール・リー

1012151
ロワールのミュスカデ。
ロワール地域というのは赤もいいけれど、白もよい。
中でもセーヴル・エ・メーヌは秀逸だとか。
そして、シュール・リー製法(澱をとりのぞかない)でつくられているこのワイン、ほんのわずかながら発泡している感じもある。
酸味はそれほどでなく、すっきりした飲み口。きんと冷やすといいみたいだ。
やっぱり魚介類にあうのかなと思うけれど、肉でもOK。何にでもあわせやすいワインだと思う。

« D・M・ディヴァイン『災厄の紳士』 | トップページ | 望月昭『こんなツレでごめんなさい。』 »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/50311626

この記事へのトラックバック一覧です: シャトー・ラ・タラシエール ミュスカデ・セーヴル・エ・メーヌ シュール・リー:

« D・M・ディヴァイン『災厄の紳士』 | トップページ | 望月昭『こんなツレでごめんなさい。』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon