« ローソン ミッフィーマグ | トップページ | 「バンディダス」 »

2011/01/14

「ゴーン・ベイビー・ゴーン」

本日の映画
ゴーン・ベイビー・ゴーン [DVD]
movie-2 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」  Gone Baby Gone 2007年米

DIR:ベン・アフレック
CAST:ケイシー・アフレック、ミシェル・モナハン、モーガン・フリーマン、エド・ハリス、ジョン・アシュトン、エイミー・ライアン、エイミー・マディガン
STORY:ボストンである日4歳の少女が誘拐された。3日たっても進展が見られず、少女の叔母夫婦がパトリックとアンジーの探偵コンビに捜索を依頼。2人は少女の母親が嘘をついていることを突き止め、徐々に事件に深入りしていく。

☆☆☆ベン・アフレックの初監督作品。

俳優としてのB・アフレック、ワタクシはあまり買っていない。どうも大根で・・・(ファンの方、ごめんさない)
なので、どうかねこれ?と思いつつ見始めたのだが、どうして、なかなかいいじゃないですか。
ただ、残念ながらこの映画は日本未公開でしたね。内容のせいなのか・・・

原作は「ミスティック・リバー」の作者デニス・レヘインのハードボイルド小説『愛しきものはすべて去りゆく』で、徹底して暗い話である。

少女誘拐事件を追ううちに、少女の母親がどうしようもない母親であることがわかってくる。テレビの前では悲劇のヒロインを演じているものの、だらしなく、子供にもまったくかわまず、クスリや犯罪にも手を出す。この、まったく共感できない母親役のE・ライアン、アカデミー助演女優賞候補になったが、さすがうまい。

さらに探偵コンビは、貧困、薬物問題、子供の虐待など、社会の闇へと深くかかわっていくことになる。ともかく出てくる話は救いのない話ばかりで、見ていてつらい。
そして、主人公が最後にとった行動は・・・
主人公の選択とは違う選択の方が、多くの登場人物にとっても幸せな結果となったのではと思える。主人公はその若さゆえ、あまりに杓子定規に物事を解決しようとしたのだが(ある人物にあと30年すればわかるだろうと言われる)、結局主人公にとっても苦い結末となってしまうのだ。ラスト、ソファーに呆然と座って虚空を見つめる主人公の姿はあまりにむなしい。
とはいえ、どちらの選択をすべきだったのか、は断じることはできないのだろう、誰にとっても・・・
難しいテーマの映画であった。

主役のK・アフレックはベンの弟で、ひょろっとしているようで案外図太い主人公にぴったりだったし、なんといっても脇が豪華だ。E・ライアンの他、お久しぶりの(年取ったなあ)E・マディガン、そしてM・フリーマン、E・ハリス。
いい配役で、B・アフレックよく集めたなあという感じ。

俳優としてより監督としての方が正直感心した。
次回作も期待できそうだ。

« ローソン ミッフィーマグ | トップページ | 「バンディダス」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/50570420

この記事へのトラックバック一覧です: 「ゴーン・ベイビー・ゴーン」:

« ローソン ミッフィーマグ | トップページ | 「バンディダス」 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon