« ベヴィアム カベルネ・ソーヴィニヨン | トップページ | 『吉田類の酒場放浪記3杯目』 »

2011/02/17

D・M・ディヴァイン『兄の殺人者』

本日の本
兄の殺人者 (創元推理文庫)
book-8 『兄の殺人者』 D・M・ディヴァイン著 創元推理文庫

STORY:ある夜、弁護士事務所の共同経営者である兄オリバーから呼び出されたサイモンは、事務所で兄の射殺死体を発見。独裁者だった兄の裏の顔を知ってしまうサイモン。独自の捜査をはじめるサイモンだが・・・

☆☆☆ディヴァインのデビュー作。
昨年末からはまっているディヴァインのはじめの作品で、クリスティーがとてもほめたという。

デビュー作ということで、ややぎこちなさはあるものの、かなりの水準である。

被害者の意外な側面が徐々に明らかになっていくのだが、これもまた大きな伏線で、意外な犯人が浮かび上がる。いやーまたまたすっかりだまされてしまった。

もう一度パラパラと本をめくってみると、あー確かにそういうことだったかと思うのだけれど、はじめに読んだ時はさらっと流してしまっていて・・・
すっかり作者の術中にはまってしまったのであった。

作品数が少ないのが残念だなあ。
『ウォリス家の殺人』と『五番目のコード』も早く読みたいな。
創元社さん、こうなったら全部出版して下さい!

« ベヴィアム カベルネ・ソーヴィニヨン | トップページ | 『吉田類の酒場放浪記3杯目』 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/50864353

この記事へのトラックバック一覧です: D・M・ディヴァイン『兄の殺人者』:

« ベヴィアム カベルネ・ソーヴィニヨン | トップページ | 『吉田類の酒場放浪記3杯目』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon