« シャトー・ロック・ド・ジャンリス | トップページ | ヴィエホ・ヴィニェド・ティント »

2011/04/06

フジモトマサル『ダンスがすんだ 猫の恋が終わるとき』

本日の本
ダンスがすんだ
book-16 『ダンスがすんだ 猫の恋が終わるとき』 フジモトマサル著  新潮社

傑作な回文集。しかもストーリー仕立てというところが驚きだ。

この本、2004年に出た本で、職場の先輩に見せてもらい、それ以来ずっともう一度読みたいなあと思っていたのだ。

そして、ついにまたチャンスが!
やっぱりおもしろい。
やや無理のある箇所はあるものの、ちゃんと物語になっているところがスゴイ。
若い外科医が猫と恋に落ち・・・内戦が起きて・・・という、一見ん?なストーリーだけれど、一応つながってるんですね。
ユーモラスなイラストも手伝って、最初から最後まで爆笑もの。
いや、ホントによく考えるなあ、回文。

また読み返して笑いたいです。


« シャトー・ロック・ド・ジャンリス | トップページ | ヴィエホ・ヴィニェド・ティント »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/51319968

この記事へのトラックバック一覧です: フジモトマサル『ダンスがすんだ 猫の恋が終わるとき』:

« シャトー・ロック・ド・ジャンリス | トップページ | ヴィエホ・ヴィニェド・ティント »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon