« 「ハバナの男」 | トップページ | 新宿:ビストロ・ダルブル カスレ ルミネ新宿店 »

2011/09/18

【モーリス・ドニ-いのちの輝き、子どものいる風景展】

art-22 【モーリス・ドニ-いのちの輝き、子どものいる風景展】 損保ジャパン東郷青児美術館

1109181
ナビ派のモーリス・ドニ。
特に大ファンというわけではなかったのだけど、この夏パリに行った際、郊外のサンジェルマン・アン・レーのモーリス・ドニ美術館に行ってなかなかよかったので、これは是非見たいと楽しみにしていた展覧会。
たまたま新宿に出る用事があったので、夕方閉館間際に行って参りました。

ドニというと、聖書や神話を題材にとった作品というイメージだが、今回は家族、子供たちを題材にとった作品で構成した展覧会。

序章:若き日のモーリス・ドニ
画家になりたての頃の絵たち。
いわゆるドニ風の絵もあるけれど、まだまだ作風は定まってない感じ。べたーっとした感じはもうありますけどね。

第1部:くつろぎのなかで
はじめの子供、ジャン=ポールはわずか4ヶ月で亡くなってしまっているが(「ジャン=ポールの死」という絵は痛々しい)、その後8人の子に恵まれたドニ。
どの絵もやさしくて、自然と笑みがこぼれる絵ばかり。色も暖かいんですね。
しかし、子供たちの乳歯をネックレスにするというのは・・・
「バラを持つマルト」にはそのネックレスをしたマルト(はじめの奥さん)が描かれる。

第2部:子どもの生活
長男が夭折、その後4人の女の子が生まれ、待望の男の子が生まれた時ドニは大喜びしたそうだが、どの子もかわいがったんだろうなあ。子供たちの絵がどれもかわいいのである。くりくりっとした目、ぽちゃっとした顔・・・
今は美術館になっているサンジェルマン・アン・レーの邸宅(プリウレ・・・修道院だったところを家にした)も描かれていて、懐かしい。

第3部:家族の肖像
最初の妻、マルトは亡くなるまでドニの絵のインスピレーションの源だったといってもいい。再婚したエリザベツも描かれてはいるが、圧倒的にマルトが多くて印象に残る。写真や映像を見ると絵に描かれた通りだったのだなと(とっても似ている!)。
そのマルタを中心にすえた「ブルターニュの供物(食前の祈り)」がすばらしい。ブルターニュの別荘の壁面画だったそうだが、マルトをモデルとして聖母を中心に、自身の4人の娘たちが様々な供物を捧げ持つ構図。食堂にふさわしい壁面画といえる。

第4部:象徴としての子ども
ドニは家族を登場させた宗教画もたくさん描いていて、最終章ではこうした作品が展示されていた。
なるほど、マリアはマルトだな、イエスはジャン=ドミニクかな?と思ったり。そこが普通の宗教画と違った感じでおもしろい。

というわけで、今までにないドニの絵を見たなあ。ますますドニに興味がわいてきた。

なかなかいい展覧会なので是非!

« 「ハバナの男」 | トップページ | 新宿:ビストロ・ダルブル カスレ ルミネ新宿店 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/52766619

この記事へのトラックバック一覧です: 【モーリス・ドニ-いのちの輝き、子どものいる風景展】:

« 「ハバナの男」 | トップページ | 新宿:ビストロ・ダルブル カスレ ルミネ新宿店 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon