« 両国:麺やまるとも 両国店 | トップページ | サッポロ 金のオフ »

2011/09/25

【大雅・蕪村・玉堂と仙厓展】

art-24 【大雅・蕪村・玉堂と仙厓展】 出光美術館

1109251

江戸東京博物館に行った後、昼食をとって移動。出光美術館へ。
割引券をゲットしたというのもあるけれど、池大雅と仙厓に惹かれて・・・

第1章 笑いの古典-瓢箪ころころ、鯰くねくね
まるくすべすべした瓢箪(ひょうたん)で、ぬるぬるした鯰(なまず)をおさえとるには如何・・・
これをテーマとした池大雅がトップバッター。なんともユーモラスで期待が高まる。
仙厓の2作品もいい。

第2章 無邪気な咲(わら)い-大雅のおおらかさ
馬、馬、馬の「山邨千馬図」からスタート。ホントに千頭いるのかな?とても数えられないが(笑)、ついつい数えてしまいそう。
大作が多いが、その中でも「十二ヵ月離合山水図」(重要文化財)がおもしろい。12ヶ月が屏風に描かれているのだが、じっくり細かいところまで鑑賞しよう!細かいところにおもしろいものが描かれていたりするのだ。
確かに無邪気な感じ。

第3章 呵呵大笑(かかたいしょう)-幸せを招く笑い型
仙厓の作品、どれもいいですね。
来年のことを言うと鬼が笑うという絵は、鬼の大笑いで思わずこちらもハハハと笑ってしまいそう。
「百寿老画賛」も好き。百人の百歳のおじいさんたちが描かれているのだが、一人として同じではなく個性的。なんだかありがたや、ありがたやという気分に・・・

第4章 達観した笑い-玉堂の極み
個人的にはこのパートがいまいち・・・
浦上玉堂はもともとそれほど好みではないのだけど、笑いというテーマにはそぐわない気が・・・
あえて言うなら、描かれている人物がかわいいかなあ。
お酒と音楽を愛した玉堂の人生はいいなあと思うけど。

第5章 知的な嗤い-蕪村の余韻
与謝蕪村はまあ好きな(俳人)画家だけれど、これも笑いというテーマにはどうなんでしょう?
唯一おもしろいと思ったのは、「龍山楽帽図」。帽子が飛ぶ様がおもしろい。

第6章 笑わせてちくり-仙厓さんの茶目っ気
待ってました!仙厓。
昨年の仙厓展でも見た作品もあったけれど、何度見てもよい。
失敗作をも強引に作品にしてしまう仙厓。これこそ茶目っ気!
そして、笑わせてその後に教訓を垂れる作品も仙厓ならでは。
もっともっと仙厓の作品を見てみたいなあ。

1109252
帰りに交通会館のゆめぷらざ滋賀により、ひこにゃんのストラップを購入。かわいい~
早速携帯につけました。

« 両国:麺やまるとも 両国店 | トップページ | サッポロ 金のオフ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/52831743

この記事へのトラックバック一覧です: 【大雅・蕪村・玉堂と仙厓展】:

« 両国:麺やまるとも 両国店 | トップページ | サッポロ 金のオフ »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon