« yonda?マグカップ2個セット | トップページ | 【モーリス・ドニ-いのちの輝き、子どものいる風景展】 »

2011/09/17

「ハバナの男」

本日の映画
Our Man In Havana - 映画ポスター - 11 x 17
movie-39 「ハバナの男」  Our Man In Havana  1960年英

DIR:キャロル・リード
CAST:アレック・ギネス、パール・アイヴス、モーリン・オハラ、ノエル・カワード、ラルフ・リチャードソン、レイチェル・ロバーツ
STORY:キューバのハバナで真空掃除機の代理店を営むイギリス人のジェームズ。報酬につられて英国諜報機関に協力することを約束したものの、どうしたらいいかわからない。困ったジェームズはでっちあげた情報を送るが、諜報機関は本物の情報と勘違いして・・・

☆☆☆グレアム・グリーン原作。

グレアム・グリーン原作で、監督がキャロル・リードとくれば、大まじめなスパイサスペンスかと思ったのだが・・・
全然そうじゃなかった。

終盤にかけてサスペンスが盛り上がるものの、基本はのんびりと進行していく。

スパイといっても、素人俄スパイの主人公。
気乗りはしないものの、娘のためにお金が必要とあって、仕方なくスパイになることに。
ところが、情報提供をせっつかれ、やむなく、周囲の人を手当たり次第記載した協力者名簿を提出したり、掃除機の図面を秘密の軍事施設の図面として送ってしまう。
なんとも人を食った話だが、イギリス諜報部は本物と信じてしまうという皮肉。
ここがおもしろいポイントなのだが、真面目なんだか、不真面目なんだか見始めの頃はよくわからなくて(コメディとして見ればいいのかどうか)、ちょっととまどう。
まあでも、出ているのが飄々としたA・ギネスだから、こういう皮肉なユーモアを楽しめばいいのだなとわかってくる。

キャストも渋めでよろしい。A・ギネスをはじめとして、M・オハラ、N・カワード、R・リチャードソン、R・ロバーツ(若い!)。通好みというか。

もうちょっとペースよく進む映画だともっとよかったかなあ。


« yonda?マグカップ2個セット | トップページ | 【モーリス・ドニ-いのちの輝き、子どものいる風景展】 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/52758260

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハバナの男」:

« yonda?マグカップ2個セット | トップページ | 【モーリス・ドニ-いのちの輝き、子どものいる風景展】 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon