« 「ハリウッド的殺人事件」 | トップページ | 西国分寺:オステリア »

2011/12/02

宮田珠己『ときどき意味もなくずんずん歩く』

本日の本
ときどき意味もなくずんずん歩く (幻冬舎文庫)
book-53 『ときどき意味もなくずんずん歩く』 宮田珠己著 幻冬社文庫

宮田珠己さんの名前をはじめて認識したのは、本屋で見た「スットコランド日記」。なんかゆるーい日記でこれはおもしろいと思ったのだ(まだ読んでないけど)。で、気づくとそういや本の雑誌の連載ももってるじゃないですか。
というわけでいつかこの人の本を読んでみようと思いつつ、ずいぶん月日がたってしまった。

じゃないエッセイもまじっているが半分以上は旅のお話。
とはいってもフツーじゃない旅である。
ふと思いついて出かける、自分の興味を徹底的に追求する・・・
こういう旅っていいなあ。

少し悪のりしすぎな部分も多いけれど、ゆるーい笑いがほしいなと思った時にはいい本です。

« 「ハリウッド的殺人事件」 | トップページ | 西国分寺:オステリア »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/53351811

この記事へのトラックバック一覧です: 宮田珠己『ときどき意味もなくずんずん歩く』:

« 「ハリウッド的殺人事件」 | トップページ | 西国分寺:オステリア »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon