« サントリー ジョッキ黒 | トップページ | ピーター・トレメイン『修道女フィデルマの洞察』 »

2011/12/12

「モーターサイクル・ダイアリーズ」

本日の映画
モーターサイクル・ダイアリーズ 通常版 [DVD]
movie-56 「モーターサイクル・ダイアリーズ」  The Motorcycle Diaries  2003年米英

DIR:ウォルター・サレス
CAST:ガエル・ガルシア・ベルナル、ロドリゴ・デ・ラ・セルナ、ミア・マエストロ
STORY:ブエノスアイレスの医学生エルネストは年上の友人アルベルトとともに、南米大陸をめぐる旅に出る。わずかな所持金とおんぼろバイクでの無謀な旅で、数々の困難が待ち受けていた・・・

☆☆☆のちに革命家として有名になるチェ・ゲバラの若き日を描いた映画。

ゲバラというと革命家として有名だけれど、実はあまり知らなかったりする。
そうそう、医者だったんでしたね。
そして、若い頃にこんな経験をしていたんですね。

きまじめに理想に向かっていくゲバラは、両親の反対を押し切って友人と旅に出る。
喘息もちのゲバラにとっては過酷な体験の連続で、決して楽しいとはいえない旅。
しかし、一万キロも旅をして南米の貧しく厳しい現実を知り(ゲバラは裕福な家庭の生まれ)、世界をかえなくてはと思いに至る。なるほど、ここにゲバラの革命家としての原点があったのだなあ。
ゲバラが革命家をめざしたのとは違い、友人のアルベルトはこの旅をきっかけとして医療の道をめざすことになる(アルベルト・グラナード本人も映画のラストに登場)のだが。

映画は数々のエピソードを重ね、ドキュメンタリー風に淡々と進むのだが、描き方としてはそれでよかったのだと思う。青年の純粋な思いゆえの苦悩が浮かび上がってくるから。

ゲバラを演じるガルシア・ベルナルも初々しくみずみずしくてよい。
彼の映画を少し観てみようかな。前に見た「ブラインドネス」がいやーな役だったのであまり好きじゃなかったのだが、いいかも!

« サントリー ジョッキ黒 | トップページ | ピーター・トレメイン『修道女フィデルマの洞察』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ゲバラを演じるガルシア・ベルナルの初々しさが良いですよね。グラナードス役の人も役にハマってます。この映画は不朽の名作ですね

Venceremosさん、こんばんは。コメントありがとうございます。
ガルシア・ベルナル、ゲバラのナイーブな内面をうまく演じていたと思います。ロドリゴ・デ・ラ・セルナもよかったですね。この人、ゲバラのはとこだそうで。
青春ムービーとしてもいい作品でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/53458300

この記事へのトラックバック一覧です: 「モーターサイクル・ダイアリーズ」:

« サントリー ジョッキ黒 | トップページ | ピーター・トレメイン『修道女フィデルマの洞察』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon