« ボジョレー・ヌーヴォー シャトー・ド・ピエール・フィラン | トップページ | 宮田珠己『ときどき意味もなくずんずん歩く』 »

2011/12/01

「ハリウッド的殺人事件」

本日の映画
ハリウッド的殺人事件 コレクターズ・エディション [DVD]
movie-54 「ハリウッド的殺人事件」  Hollywood Homicide  2003年米

DIR:ロン・シェルトン
CAST:ハリソン・フォード、ジョシュ・ハートネット、レナ・オリン、ブルース・グリーンウッド、マーティン・ランドー、ロリータ・ダヴィドヴィッチ、ルー・ダイヤモンド・フィリップス、キース・デイヴィッド
STORY:ハリウッドのライブハウスで人気ラッパーが殺害された事件によばれた刑事2人。ベテランのギャビランは副業の不動産業に熱を入れ、ルーキーのコールデンもヨガのインスタラクターをしながら俳優を目指している。やがて、背後の陰謀に気づく二人だったが・・・

☆☆☆H・フォードのアクションコメディ。

なんかこれ、ハリソン・フォードのイメージからかけ離れた映画ですねぇ。
そもそも、H・フォードってコメディ映画って似合わないとうか、苦手そう。

刑事が副業を持って本業そっちのけというぶっ飛んだ設定で(実際にアメリカの警察官はこういう人が多いらしいが)、ハリソンは不動産業、ジョシュはヨガのインストラクター。
捜査の途中でも、不動産取引にいそしむハリソン。今度の売買に失敗すると破産かもということで、おしりに火がついた状況なのだけど、こんなんで捜査なんてできるのか?
と思っていると、あれよあれよという間に事件が解決してしまうのだ。

かなり息があがって苦しそう(見ているこっちも苦しい)なハリソンのアクションもあり、レナ・オリンとの大人のラブシーンもあり、内部監察などというサブストーリーもあったりで、盛りだくさんではあるけれど、何をめざしたのかが微妙。

決しておもしろくないわけではないのだが、なんかこう、方向性がはっきりしないのが辛い。
ハリソン・フォードも老けちゃって悲しいし。
ハリソンはやっぱりストレートな刑事ドラマの方が似合うと思う。

« ボジョレー・ヌーヴォー シャトー・ド・ピエール・フィラン | トップページ | 宮田珠己『ときどき意味もなくずんずん歩く』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/53351786

この記事へのトラックバック一覧です: 「ハリウッド的殺人事件」:

« ボジョレー・ヌーヴォー シャトー・ド・ピエール・フィラン | トップページ | 宮田珠己『ときどき意味もなくずんずん歩く』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon