« 伊豆旅行 2日目 | トップページ | ジェイニー・ボライソー『夏の夜のわるい夢』 »

2012/02/14

「月に囚われた男」

本日の映画
月に囚(とら)われた男 [Blu-ray]
movie-6 「月に囚われた男」  Moon  2009年英

DIR:ダンカン・ジョーンズ
CAST:サム・ロックウェル、ドミニク・マケリゴット、カヤ・スコデラーリオ、ケヴィン・スペイシー(声の出演)
STORY:宇宙飛行士サムは、3年契約で新たな燃料源を地球に送るという任務のため月に派遣される。一人ぼっちにサムはロボットのガーティを相棒に黙々と作業に取り組むサムは、作業中に事故を起こし、めざめると自分とうり二つの人間がいることに気づく。

☆☆☆ダンカン・ジョーンズ監督の長編デビュー作。

昨年観た「ミッション:8ミニッツ」がとてもおもしろかったので、デビュー作を見てみることにした。

低予算映画ですね。
舞台はほぼ月のステーションだけだし、出演者も基本、サム・ロックウェル一人。
セットもややチープ感が漂う。

でもこれがなかなかおもしろいのだ。シンプルにまとめたことによる勝利だろう。

はじめは、ステーションでの生活が淡々と描かれて、どういう方向に転ぶかまったくわからないのだけど、事故で怪我をし、目覚めてからが急展開。
なぜ、自分と瓜二つの人間がいるのか?彼は誰なのか?どこからきたのか?
ここから思いもしなかった方向へとストーリーが展開していく。

そして、主人公の悲哀が浮き彫りになるとともに、むなしさが漂う。
使い捨て社会の現代への警鐘を鳴らす意味合いもある。

アイディアが素晴らしい映画。
ダンカン・ジョーンズがデーヴィッド・ボウイの息子と呼ばれなくなる日も近いだろう。


« 伊豆旅行 2日目 | トップページ | ジェイニー・ボライソー『夏の夜のわるい夢』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/53969353

この記事へのトラックバック一覧です: 「月に囚われた男」:

« 伊豆旅行 2日目 | トップページ | ジェイニー・ボライソー『夏の夜のわるい夢』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon