« キリン 麦のごちそう | トップページ | D・M・ディヴァイン『三本の緑の小壜』 »

2012/03/07

「アイ,ロボット」

本日の映画
アイ,ロボット [Blu-ray]
movie-9 「アイ,ロボット」 I,Robot 2004年米

DIR:アレックス・プロヤス
CAST:ウィル・スミス、ブリジット・モイナハン、ブルース・グリーンウッド、ジェームズ・クロムウェル、シャイア・ラブーフ
STORY:2035年のシカゴでは家庭用ロボットが普及していた。ある日、ロボット工学の第一人者であるラニング博士が謎の死を遂げ、スプーナー刑事はロボットのサニーに疑いの目を向ける。

☆☆☆アイザック・アシモフの短編小説をモチーフとしたSF。

アシモフの小説は読んでいないのだが、どうやら設定だけを借りたということらしい。
ロボット三原則で有名とのことだが、これがどう生かされてるのだろうか。
「ロボットは人間に危害を加えないこと」
「ロボットは人間の命令に従うこと」
「ロボットは自己を守ること」
が、三原則である。

はじめ、博士の死を追うという展開では、舞台が近未来というだけで、なーんだ、単なる刑事ドラマ?と思ってしまった。主役がウィル・スミスなので、アクションドラマだなと。

ところが、次第にアクションだけの映画ではない展開に。

ロボットを絡めて、哲学的なテーマも登場する。
ロボットは便利で、なくてはならない存在になっているのだが、人間を脅かす存在にもなりうるということ。
自分の意思と感情を持ち、自分の思うとおりに行動するロボット。
人間の命令に従わなくなり、人間に危害を加えはじめる。しかし、そんなロボットを作りあげたのは人間だなわけで、結局人間が悪いのか・・・
なんて、頭がこんがらかってくるが・・・

と、難しいことを考えなくても楽しめる作品ではある。
ミステリー的要素もあるし、ウィル・スミスの鍛えあげられたアクションも楽しめるし。

近い将来、こんな世界が待っているのでしょうか・・・
あまり考えたくないけど。

« キリン 麦のごちそう | トップページ | D・M・ディヴァイン『三本の緑の小壜』 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/65565/54142785

この記事へのトラックバック一覧です: 「アイ,ロボット」:

« キリン 麦のごちそう | トップページ | D・M・ディヴァイン『三本の緑の小壜』 »

twitter

google


  • Google

    WWW
    ブログ内

amzon